広瀬アリス、すずと仲好しの秘訣は「けんかを長く続けないこと」

 女優、広瀬アリス(24)が11日、東京・丸の内の東京国際フォーラムで行われた「映画ドラえもん のび太の月面探査記」(3月1日公開)の完成披露舞台あいさつに出席した。

 映画ドラえもん史上、初となる月への冒険劇で直木賞作家、辻村深月さんが脚本を担当。今作について広瀬は「めちゃめちゃ面白い。ウルっとしたりゲラゲラ笑いましたし、ドラえもん大好き!と思える作品になっています」と笑顔でPR。

 また、ドラえもんから「ぼくにはドラミという妹がいます。兄弟仲好しの秘訣はなんですか?」と質問されると、「(妹の女優、広瀬すずと)たくさんけんかしますけどね。なんで録画してないの? とか。そういうのたくさんありますけど、けんかを長く続けないことです」とアドバイスしていた。

 ゲスト声優を務めた俳優、柳楽優弥(28)らも出席した。

関連記事(外部サイト)