「純烈」著作権侵害グッズの不買訴える「応援に便乗する悪質商品」

「純烈」著作権侵害グッズの不買訴える「応援に便乗する悪質商品」

純烈の(左から)白川裕二郎、酒井一圭、後上翔太、小田井涼平

 ムード歌謡グループ「純烈」が8日、公式ブログでインターネット販売などで著作権を侵害している商品を購入しないようにと呼び掛けた。悪質な商品が出回っているという。

 「最近、純烈公式の画像や公式のロゴなどを『無断転載、無断転用』を行い、オリジナルキーホルダーや写真などを販売している悪質な出品がネット販売を中心に多数確認されております」と報告。

 「このような商品は純烈公式とは全く関係のない商品であり、著作権を侵害している商品になります。その為、純烈ファンの皆様におかれましてはこのような悪質な商品を絶対に購入しないようお気を付け願います」と注意喚起した。

 「皆様の純烈に対する応援や愛情に便乗する大変悪質な商品です」と怒りをあらわにし「また、これらの商品を販売している個人、会社に対し弊社もこれまで警告をしてきましたが、改善の兆しがない為、弊社と致しましては法的手続きを含め厳正に対応する所存でございます」と法的措置も検討しているとした。

 自作での応援グッズなどの着用、使用については公式のロゴや公式の画像は使用不可としているが、「本来ですと上記の観点からお断りをするのですが、純烈は皆様の熱い応援のおかげでここまで来ることが出来ました」とファンに感謝。「そんな皆様の純烈に対する温かいお気持ち、熱い応援に感謝し、あくまでも『ご自身で使用する場合に限り』公式と致しまして許可をしております」と説明した。

関連記事(外部サイト)