高橋一生の新ドラマ、話が退屈過ぎて「見どころはアノ芸人の演技だけ」の声

高橋一生の主演ドラマ「僕らは奇跡でできている」初回視聴率は7.6% 児嶋一哉が好評

記事まとめ

  • 高橋一生の主演ドラマ「僕らは奇跡でできている」初回視聴率は7.6%だった
  • 内容が退屈であるため、高橋ファン以外は早くも脱落する視聴者が続出しているという
  • しかし高橋のライバルを演じる児嶋一哉が実にいい味を出していると評判だとのこと

高橋一生の新ドラマ、話が退屈過ぎて「見どころはアノ芸人の演技だけ」の声

高橋一生の新ドラマ、話が退屈過ぎて「見どころはアノ芸人の演技だけ」の声

高橋一生の新ドラマ、話が退屈過ぎて「見どころはアノ芸人の演技だけ」の声

 高橋一生が動物行動学を教える大学講師役で主演を務めるドラマ「僕らは奇跡でできている」(フジテレビ系)の第1話が10月9日に放送され、視聴率7.6%をマークした。この数字は奇しくも、前クールで吉岡里帆が主演した「健康で文化的な最低限度の生活」と一緒になっている。

「フジテレビの火曜9時ドラマは低迷が続き、ここ半年は4作品で初回視聴率が7%台に留まっています。平均視聴率は例外なく初回視聴率を下回っているので、数字が下落していくことは確実でしょう。本作では登場人物の人間関係が単純で、これといった事件も起こらない退屈な内容ゆえに、第2話以降にどうやって話を展開させるのかが謎。気楽に観られる作品だとも言えますが、数字が稼げるとは思えませんね」(テレビ誌ライター)

 なお本作では高橋の出演シーンが異様に多く、ファンには「もはや一生様をあがめるドラマ!」として好評だという。ただしそれは、高橋にさしたる興味のない視聴者にとってはまったくの逆効果。展開らしい展開が見えず、一話完結かの如く次回以降に繋がる伏線も感じられない内容に、早くも脱落する視聴者が続出しているようだ。

「そんな退屈な展開の中、ライバル講師役の児嶋一哉が実にいい味を出しています。アリを偏愛し、人間とはほとんど言葉を交わさないという変人ぶりを好演。バナナマン日村のようなおかっぱ頭も役柄に合っており、『児嶋を観るだけでも価値がある』との声も聞こえてくるほどです。惜しむらくは児嶋の出演が研究室内のシーンに限定され、出番が今以上に増えそうにない点。お笑い芸人ながら役者としての評価も高い児嶋ですが、これでは『児嶋の無駄遣い』と指摘せざるを得ないでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 ちなみに児嶋が演じる役名は「沼袋順平」。ここはぜひ「池袋?沼袋だよ!」といったやり取りに期待したいものだ。

(白根麻子)

関連記事(外部サイト)