伝説のパチプロ集団「梁山泊」25年目の真実(8)「浪速の哲」はラーメン店で成功

伝説のパチプロ集団「梁山泊」25年目の真実(8)「浪速の哲」はラーメン店で成功

伝説のパチプロ集団「梁山泊」25年目の真実(8)「浪速の哲」はラーメン店で成功

 平成時代、パチンコ業界で一大センセーションを巻き起こしたパチプロ集団「梁山泊」。その元リーダーK氏がこれまで、ホールや警察との熾烈な攻防戦を明かしてきたが、今回からは「カジノ攻略」を目指す“新生梁山泊”の野望について語り尽くす。

 私たち梁山泊のメンバーは94年に結成して以来、4年間にわたって全国のホールを舞台に合法的なテクニックを駆使して攻め続け、連戦連勝しました。

 休みはクリスマスから年末年始までの2週間ほどですから、それこそ1年で340日、連日、最低でも15万円から20万円を稼いだものです。もちろん、宿泊費や移動費などの経費が半分ほど占めますが、それでも月収300万円以上、1年間で4000万円ほどの稼ぎになりました。

 ただ、4年間で残した預金額となると、個人差が大きかったですね。

 例えば「日本一のパチプロを目指す」と公言し、「爆裂王」の異名を持っていた大野くんは、宵越しの銭は持たない主義。詳しいフトコロ事情はわかりませんが、江戸っ子風の気前よさを気取るタイプで、夜は歓楽街に繰り出すことも多々ありました。

 逆に大野くんより5歳年下で「浪速の哲」と呼ばれたテツヤくんは、「この状況はいつまでも続くものじゃない。終わりが来る」と、将来を見据えていました。梁山泊解散後、ゼロからラーメン店をスタートさせて大成功。当時、日本中を旅しながら人気店の味をチェックするなど、しっかりと構想を練っていたからだと思います。

──

 解散後、順調な人生を送っているメンバーは、ことのほか少ない。前述のテツヤ氏や元リーダーK氏ら神戸グループ。そして北海道のホールで悪徳警官に脅迫罪で逮捕された副リーダーM氏のほか、あと2名ぐらいだという。

──

 そもそも、私とその部下だった2人以外は、攻略プロを生業とする一匹狼タイプばかりですから、梁山泊に入る前は「自分だけが稼げればいい」と考えるような、本当にロクでもないヤツばかりでした(笑)。

 私に攻略集団結成の話を持ちかけてきた滋賀グループにしても、最初は苦労させられましたよ。「春一番」の攻略法である「ランプ打法」にしても、重要なポイントは明かしてくれませんでしたからね。

 それで私がリーダーになった時、皆で目いっぱい稼ぐためにも、いくつかのルールを決めました。「個人で打ちに行かない」「夜は自由でも集合時間は厳守」など、結束するための最低限の約束事を決めて、常に「1人は皆のために。皆は1人のために」を徹底させました。「稼いだお金は均等に分ける」というのも、ルールの一つでした。

 いくら違法性のない攻略法だとはいえ、「個人で稼ぐには限度がある」ということを誰もがわかっていましたからね。ルールを決め、一丸となれたことが、4年間も仲間割れすることなく戦い続けられた大きな要因だと思います。

 今思えば「梁山泊」って、すごい集団でした。広島と沖縄県を除く、全ての都道府県を制覇したわけですからね。どんなに頼まれても、二度とあれほど結束したパチンコ攻略集団は作れません。

 だからこそ、返す返すも悔しい。「梁山泊」の名を汚されてしまったことが、今でも私の心の中でくすぶり続けているんです。

関連記事(外部サイト)