昨年は2等1000万円をズバリ!ドリームジャンボ宝くじ「巨人監督の法則」とは?

昨年は2等1000万円をズバリ!ドリームジャンボ宝くじ「巨人監督の法則」とは?

昨年は2等1000万円をズバリ!ドリームジャンボ宝くじ「巨人監督の法則」とは?

 1等・前後賞合わせて7億円! まさに夢いっぱいの「ドリームジャンボ宝くじ」が6月2日まで全国一斉発売中だ。

 3大ジャンボとして人気を誇るドリームジャンボ宝くじ。昨年に続き、1等5億円が17本(17ユニット販売時)。前後賞を合わせて7億円と、でっかい夢をつかむチャンスの到来だ。

 そのドリームジャンボには、「巨人軍監督の背番号」との意外な関係があるという。

 例えば、原監督の第2次政権時代は組番号に「8」が9年連続で絡み続け、王監督になった84年には、いきなり1等3000万円が01組で出現。以降、86年から3年連続して組1桁が「1」。長嶋第2次政権時代にも「3」絡みの当せん番号が乱れ飛んだという具合だ。

 また、「巨人の監督が交代した年は12万台が出る」という法則もあるという。

 高橋新監督誕生の昨年は、2等(1000万円)で「73組126129番」がズバリ出現している。

 この法則を発見した宝くじアドバイザー・長利正弘氏が言う。

「昨年の巨人は高橋監督で新しくスタートを切ったので、現役時代の背番号にちなんで『24組』、そして監督交代年に必ず飛び出す『12万台』を推奨しましたが、残念ながら1等は98組198480番でした。ただ、2等に12万台が出ましたし、同じ2等で『6』の“バラ筋”である『88組』も出ましたので、『24組』の入っているバラを購入したファンの方は一喜一憂できたと思います」

 では、今年の狙い目の番号は──。

 5月16日発売の「週刊アサヒ芸能」には、長利氏が注目したジャンボ&ミニ1億円の狙い目番号が取り上げられている。はたして今年も高額当選をズバリ! となるか、要注目だ。

関連記事(外部サイト)