将棋界の歴史を塗り替えた藤井聡太四段 9つのタイトル戦で全て勝ち抜けば年収1億円も

記事まとめ

  • 日本将棋連盟が発表の「年間獲得賞金・対局料ベスト10」1位は羽生善治三冠(46)
  • 次いで渡辺明竜王(33)の7390万円、佐藤天彦名人(29)の5722万円となっている
  • デビューしたての新四段の平均年収は、おおよそ300万円と言われている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております