PS4、小型・軽量化の新型&4K対応型発売! 周辺機器も新登場

PS4、小型・軽量化の新型&4K対応型発売! 周辺機器も新登場

「プレイステーション4」(CUH‐2000シリーズ) 

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントが、 小型化・軽量化が実現された「プレイステーション4」の新型、4K映像型、および周辺機器を発売することを発表。まもなく開幕する「東京ゲームショウ2016」(9月15日〜18日)に合わせた形だ。

 新発売となるのは、小型化・軽量化が実現された新型「プレイステーション4」(CUH‐2000シリーズ)だ。日本では、今月15日より、希望小売価格2万9980円(税抜)で発売となる。同機種は、現行モデル比で30%以上の小型化が実現されており、映像本来の明暗部を再現し、色彩豊かな映像を表示するHDR映像技術にも対応している。

 また、映像処理能力の向上および、4K映像の画質に対応した「プレイステーション4 Pro」(PS4 Pro)(CUH‐7000シリーズ)も、今年の11月10日より発売となる。より広範囲な色幅の再現を可能にするハイダイナミックレンジ(HDR)映像技術に対応した同機種は、日本での希望小売価格は4万4980円(税抜)に設定されている。

 そして今月15日からは、同機種用の新ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK4)が希望小売価格5980円(税抜)で、新型PlayStationCamera(PS Camera)が希望小売価格5980円(税抜)で、そして新型PS4およびPlayStation4 Pro(PS4Pro)専用の縦置きスタンドが希望小売価格2280円(税抜)で発売される。年末商戦に向けては、プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセットも、希望小売価格1万8000円(税抜)で登場する予定だ。

関連記事(外部サイト)