『コウノトリ大作戦!』日本版予告解禁! AIの主題歌&アンジャッシュの声優公開

『コウノトリ大作戦!』日本版予告解禁! AIの主題歌&アンジャッシュの声優公開

『コウノトリ大作戦!』、AIの主題歌も明らかになった日本版予告編解禁。(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

 『ファインディング・ニモ』や『モンスターズ・インク』、『トイ・ストーリー』などで知られるアニメーター、ダグ・スウィートランド監督の新作アニメーション映画『コウノトリ大作戦!』の日本版本予告が解禁された。予告編では、主題歌を担当するAIの楽曲、そして日本語版吹替を担当するアンジャッシュの声も初公開されている。

 本作は、「コウノトリが赤ちゃんを運んでくる」という逸話を基に描かれる、大空を舞台にした壮大な物語。「コウノトリ宅配便社」は、売り上げ重視のために小包の配達を仕事とし、昔起きた大事件が原因で、赤ちゃんの配達を厳しく禁止していた。そんな中、手違いでかわいい赤ちゃんが生まれてしまい、エース配達員のジュニアは会社に内緒で赤ちゃんを届けようと決意する。

 アンジャッシュの渡部健は本作で、仕事がデキて周りからの人望も厚い一方、おっちょこちょいな一面を持つジュニアを、児島一哉は次期社長の座を狙い、ジュニアの邪魔をするけれどどこか憎めない社長のスパイ、トーディを演じる。

 解禁された予告編では、「赤ちゃんを配達したら焼き鳥」と社長にきつく言いつけられたジュニアが、赤ちゃんをこっそり人間のもとへ届けてしまおうと奮闘する姿が描かれている。個性豊かで可愛らしいキャラクター、そして視覚的にも楽しめる冒険物語と、見どころ満載であることが感じられる予告編であるが、その中にあっても、それぞれのキャラクターを巧みに表現したアンジャッシュの2人の演技は秀逸。本編中での活躍にも期待が持てる。

 また、AIによる主題歌『HEIWA』にも注目だ。優しくも力強いその歌声は、本作の根底にある「家族の物語」というテーマをより印象付ける。

映画『コウノトリ大作戦!』は、11月3日より公開。

関連記事(外部サイト)