『映画 妖怪ウォッチ』山崎賢人&斎藤工、妖怪役に初挑戦! 衝撃のビジュアル初公開

『映画 妖怪ウォッチ』山崎賢人&斎藤工、妖怪役に初挑戦! 衝撃のビジュアル初公開

『映画 妖怪ウォッチ』新作で、妖怪役に初挑戦する山崎賢人(左)と斎藤工(c)LEVEL‐5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2016

 大人気アニメ『妖怪ウォッチ』の映画第3弾で、“アニメ×実写”の「ダブル世界」で繰り広げられる超ハイブリッド作品『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』(12月17日全国公開)において、山崎賢人はエンマ大王、斎藤工がエンマ大王の側近ぬらりひょんにが扮することが決定し、2人の“妖怪”ビジュアルが公開された。

 本作は主人公ケータの住むさくらニュータウンを舞台に、空飛ぶ巨大クジラの一鳴きによりケータや妖怪がアニメの世界から実写の世界へ次元を超えて移動。大混乱に巻き込まれた彼らがその原因を突き止めるためにアニメと実写の世界を行き来しながら冒険を繰り広げるさまを描く。

 実写パートには山崎、斎藤のほかに浜辺美波、黒島結菜、澤部佑(ハライチ)、遠藤憲一、武井咲と超豪華キャストが揃い、さらに澤部がケータのクラスメイト・クマ役(小学5年生)であることが発表され、SNSでは、「思いのほか、似合ってる!」「すごくしっくりくる!」など、その見事なまでの再現度に賞賛の声が上がっている。

 今回山崎、斎藤の2人が扮するエンマ大王&ぬらりひょんは、昨年公開された『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』に登場。劇中では、人間と妖怪の交流について、意見の食い違いから対立を見せ、大乱闘を繰り広げている。2人は、妖怪役に初挑戦でダンスも披露している。

 今回の出演について山崎は「(エンマ大王について)本当にかっこよくて、妖怪の世界で一番強くて、一番偉いという妖怪なので、男の子が観ても憧れる存在なのかなぁと思い、すごく楽しく演じさせていただきました」充実した撮影の様子を語る。

 また斎藤も「(エンマ大王とぬらりひょんは)非常に深い絆がある2人を実写で山崎賢人くんと一緒に演じることができて、とても楽しかったです。アニメを飛び出して僕ら人間が演じているということで、妖怪ウォッチを更に楽しめると思います」と山崎との共演を楽しんだ様子とともに、作品をアピールしている。

関連記事(外部サイト)