汐月しゅう&藤岡沙也香、“セラミュー”ウラヌスとネプチューンは「ハマっている」

汐月しゅう&藤岡沙也香、“セラミュー”ウラヌスとネプチューンは「ハマっている」

ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』‐Amour Eternal‐、汐月しゅう&藤岡沙也香インタビュー クランクイン!

 原作連載当時から20年以上を経ても、なお高い人気を誇る『美少女戦士セーラームーン』。中でも、セーラーウラヌスとセーラーネプチューンは、主人公であるセーラームーンに勝るとも劣らない人気を誇るキャラクターだ。10月15日から上演されるミュージカル『美少女戦士セーラームーン』‐Amour Eternal‐で、そのウラヌス&ネプチューンに挑む、汐月しゅうと藤岡沙也香が役柄への熱い思いを語った。

 前作に引き続き、同役を務める汐月と藤岡。続投だからこそ、「基礎がある分、落ち着いてできる」と藤岡はいい、一方で汐月も「前作では役も本人たちもシリアスに燃えたぎっていたんですが、本作では4人で暮らしているという穏やかなシーンから始まる分、流れに乗っていける」と語る。

 インタビュー時、まさに役柄を象徴するように、絶妙なタイミングで会話を掛け合い、息がぴったりという印象の汐月と藤岡。前作が初共演だという2人だが、実は、互いに宝塚歌劇団出身。汐月は、第90期生で、星組に配属され、男役として活躍した。一方、藤岡は、第92期生で、花組娘役。宝塚時代の芸名は月野姫花。2人は同時期に在籍していたのだが、当時は「挨拶をする程度」の仲だったという。
 
 そんな二人が仲を深めたのは、やはり前作の共演がきっかけだったようだ。藤岡は「(前作の稽古時から)しゅうさんが気を遣ってくださって、連絡先を交換し、役も考えて色々としてくださった。前回は、演じる上で細かく話し合って、決めていたけれども、今回は、2人がすっぽりハマっている感覚がある」と語る。

 そして、藤岡は、2人の“運命の出会い”についても明かしてくれた。「まだ、オーディションに受かったかどうかもわからないときのこと。私は他の役を誰が受けているのか、全く知らなかったんです。そんなとき、今まで一回も街中で会ったことがなかったのに、しゅうさんを新宿で見かけたんですよ。そのときは遠くから一礼しただけだったんですが、その後にビジュアル撮影でキャストが集まったときに、びっくりしちゃった。全然会っていなかったのに、この前、会ったばかりなのにって!」。

 まさに、ウラヌスとネプチューンが現実に飛び出してきたような雰囲気を漂わせる二人だが、汐月からは意外なエピソードも飛び出した。
 
 「前作で、外部4戦士はすごく仲良くなったんですが、今回の公演の顔合わせまで、沙也香以外とはなかなか会えなくて、それで、顔合わせのときに人見知り爆発しちゃったんですよ、私(笑)」。そんな汐月に藤岡は「全くそんな感じしなかったよ?」と声をかけると、汐月は「そういうのを察しないところが沙也香のいいところだよ」と笑顔を見せる。そして、「沙也香とはオフでも仲良く遊んでたんですが、また(セラミューを)やるってなって会ったら、沙也香にも人見知りしちゃって(苦笑)このままではヤバイって思った記憶があります」と明かす。だが、やはりそのやりとりの様子からも2人の仲の良さを印象付けるものとなった。

 最後に、本作の見所について「外部4戦士がやっと、はじめから5戦士たちと仲間として登場するというところが、私たちとしては見所だと思います」と語った藤岡。汐月からは、「前のセーラー5戦士たちも3年かけて成長したので、今回の子たちもここから成長していく姿を見てもらいたい」という、後輩思いの一面を垣間見れる言葉も聞かれた。(取材・文・写真:嶋田真己)
 
 ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』‐Amour Eternal‐は10月15日よりAiiA 2.5 Theater Tokyoほかで上演。

関連記事(外部サイト)