舞台『おそ松さん』東京公演開幕!北村諒、東京でも「磨き上げたお尻を見せたい」

舞台『おそ松さん』東京公演開幕!北村諒、東京でも「磨き上げたお尻を見せたい」

舞台『おそ松さん』東京公演開幕!  クランクイン!

 テレビアニメ『おそ松さん』を舞台化した『おそ松さん on STAGE 〜SIX MEN’S SHOW TIME〜』の取材会が13日に都内で行われ、高崎翔太、柏木佑介、植田圭輔、北村諒、小澤廉、赤澤遼太郎ら出演者が登壇。制作発表で「お尻を出すことが目標」と語った北村は、「東京公演でも見ていただきたい」と、一松の名シーン再現に意欲を見せた。

 本作は、大人になってもマイペースでニート生活を謳歌する、個性豊かな6つ子の日常を描いたコメディ舞台。赤塚不二夫が描き、一世を風靡した『おそ松くん』の未来を描いた『おそ松さん』の舞台版で、10月3日まで梅田芸術劇場で上演されていた。東京公演は、この日から開幕。

 社会現象にまでなった大ヒット作の舞台化だけに、プレッシャーを感じていたというキャストたちだが、植田は大阪公演を「想像以上に笑っていただき、リアクションをとっていただき、スベルときはちゃんとスベり…ライブを楽しんでくれているなと感じました」と振り返る。そして、「僕たちが目指しているものを体現できていると感じています」と確かな手ごたえを掴んだようで、「大阪で作り上げてきたものを東京で爆発させられれば」と意気込んだ。

 また、北村は、「大阪公演では(お尻を出す)目標は達成できたんで、東京公演でも、日々、キレイに磨き上げたお尻を皆様にお見せできたらいいなと思っています。いいお尻だと思います」と改めて宣言。一方、おそ松役の高崎は、「アニメ版ではF6が踊るシーンが多いですが、舞台でもかなり踊っています。華やかなものができあがっていると思います」と、見どころを明かした。

 なお、この日の取材には、6つ子のイケメンバージョンである「F6ver.」役を務めるキャストも集結。F6おそ松役の井澤勇貴、F6カラ松役の和田雅成、F6チョロ松役の小野健斗、F6一松役の安里勇哉、F6十四松役の和合真一、F6トド松役の中山優貴も出席した。


 舞台『おそ松さん on STAGE 〜SIX MEN’S SHOW TIME〜』は、10月13日〜23日に、Zeppブルーシアター六本木で上演。

関連記事(外部サイト)