スタジオカラー、初の展覧会開催! 『ヱヴァ』『シン・ゴジラ』資料ほか約300点展示

スタジオカラー、初の展覧会開催! 『ヱヴァ』『シン・ゴジラ』資料ほか約300点展示

スタジオカラー、初の展覧会開催! 『エヴァ』『シン・ゴジラ』資料ほか約300点展示(C)カラー

 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの製作会社であり、『シン・ゴジラ』の総監督、庵野秀明が代表を務める株式会社カラーが創立10周年を記念して“初”の展覧会を開催することが明らかとなった。

 今年5月に創立10周年を迎えた株式会社カラー。それを記念して、同社初の企画展覧会「株式会社カラー10周年記念展 〜過去(これまで)のエヴァと、未来(これから)のエヴァ。そして現在(いま)のスタジオカラー。〜」を、11月23日から11月30日8日間、ラフォーレミュージアム原宿にて開催する。

 本展は、初展示を含む『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの原画や設定資料、庵野秀明が脚本・総監督を務めた『シン・ゴジラ』の雛型3種を展示。そのほか、同社取締役でもある漫画家・安野モヨコが本展のために『監督不行届』番外編として描き下ろした「おおきなカブ(株)」を、スタジオカラーがアニメーション化して上映。

 また、2016年9月に期間限定で公開された宇多田ヒカル「桜流し(ヱヴァ:Qバージョン)」のミュージックビデオの特別上映、短編アニメーションシリーズ「日本アニメ(ーター)見本市」の原画・資料の展示など、約300点も展示する。

 アニメーションの制作のみにとどまらず、実写作品を含む映像の企画・製作及び配給・宣伝、アニメーション・特撮作品に関する資料の保存、書籍の出版など多岐にわたり手がける同社の様々一面を、楽しむのことのできる展覧会となっている。

 「株式会社カラー10周年記念展 〜過去(これまで)のエヴァと、未来(これから)のエヴァ。そして現在(いま)のスタジオカラー。〜」は、11月23日〜30日までラフォーレミュージアム原宿にて開催。

関連記事(外部サイト)