尾崎由香、舞台「けものフレンズ」に気合十分 「千秋楽まで、騒ぎたい」

尾崎由香、舞台「けものフレンズ」に気合十分 「千秋楽まで、騒ぎたい」

下段左から、築田行子、田村響華、佐々木未来、本宮佳奈、尾崎由香。上段左から伊藤梨花子、稲村梓、幸野ゆりあ、西川美咲、野本ほたる。舞台「けものフレンズ」囲み取材にて クランクイン!

 声優の尾崎由香、女優の野本ほたるが、14日に都内で実施された舞台「けものフレンズ」の公開ゲネプロに、共演者や演出家の村上大樹と共に登壇。アニメ同様にサーバル役を務める尾崎は、「千秋楽まで、どったんばったん騒ぎたいと思います!」と意気込みを語った。

 本作は、話題を呼んだ同名アニメの新プロジェクトとして始動したもの。ヒトの姿をしたキュートなアニマルガールが繰り広げる大冒険を、アニメとは違うオリジナルストーリーで描く。本宮佳奈、小野早稀、佐々木未来、根本流風、田村響華、相羽あいな、築田行子、仁藤萌乃、西川美咲、酒井蘭、幸野ゆりあ、加藤里保菜、稲村梓、石井玲歌、伊藤梨花子もキャストに名を連ねた。

 尾崎は「千秋楽まで、どったんばったん騒ぎたいと思います!」と気合十分。また「舞台となって『けものフレンズ』が始まるのですが、セットだったり衣装だったり、本当にアニメとは違った魅力が満載なので、みなさんまた癒されて帰ってほしいなと思います」と見どころをアピールした。

 サーバルと共に物語の中心となるオカピ役の野本は「大人気アニメの舞台化ということで、まず携われたことに本当に感謝しております。そしてアニメにはいないフレンズたちがたくさんいると思うのですが、どんなキャラクターなのか、楽しみに見に来ていただきたいなと思います」とニッコリ。一方、演出の村上は「声が一緒というだけじゃなくて、稽古をやっていくにつれて、どんどんキャラクターそのものになっていった」とキャストの演技に自信をのぞかせた。

 ゲネプロでは、サーバルとオカピの出会いや、人気アイドル「PPP(ぺパプ)」に憧れたサーバルが、フレンズと共に新たなアイドルグループを結成しようと奮闘する姿などが見られた。キャストが客席をイジったり、現実世界を交えたジョークを飛ばすシーンもあったりして観客は大いに楽しめそうだ。

 舞台「けものフレンズ」は、品川プリンスホテル クラブeXにて上演中。

関連記事(外部サイト)