宮野真守&福山潤ら、『怪盗グルーのミニオン大脱走』日本語吹き替え参戦決定

宮野真守&福山潤ら、『怪盗グルーのミニオン大脱走』日本語吹き替え参戦決定

『怪盗グルーのミニオン大脱走』追加キャスト発表(C) UNIVERSAL STUDIOS

 2010年公開『怪盗グルーの月泥棒』から愛され続ける、人気シリーズの最新作『怪盗グルーのミニオン大脱走』の日本語吹き替え版追加キャストが発表された。いとうあさこ、山寺宏一、宮野真守、福山潤らの出演が決定し、各出演者からのコメントも到着した。

 映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』は、怪盗・グルー(CV:笑福亭鶴瓶)やその手下であるミニオンたちが活躍する物語。今回は、最強のライバル怪盗であるバルタザール(CV:松山ケンイチ)が登場し、ミニオンたちがグルーと決別し最強・最悪のボスを探し旅立ってしまうなど、新たな窮地に追い込まれる…。

 バルタザールを取り逃したグルーとルーシー(CV:中島美嘉)をクビにする反悪党同盟のリーダー・ヴァレリー役のいとうあさこは「私のような悪声をご指名いただき、興奮と喜びととまどいでパニックになりました(笑)」とオファー当時を回想している。

 また、本作でグルーの双子の兄弟・ドルーの執事であるフリッツ役を務める山寺は「『月泥棒』のベクター役からずっと参加させていただいていますが、本当にシリーズは魅力満載」と伝え、「個人的にはグルーとドルーのかけ合いが楽しみでしかたありません!」と思いを述べている。

 さらに、バルタザールの相棒ロボット・クライブを演じる宮野は「一癖も二癖もあるキャラクターが登場し、僕も爆笑しながら収録させていただきました(笑)」とアフレコを振り返る。グルーの元に身を寄せる3姉妹の長女・マーゴに恋をするピュアな少年・ニコを演じる福山は「長く愛されるこのシリーズに参加させていただきましてとても光栄です」と作品へのコメントを伝えている。

 映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』は、7月21日より全国ロードショー。

関連記事(外部サイト)