杉咲花、もしも魔法が使えたら「時間を早送りして、ぬか漬けを漬けたい」

杉咲花、もしも魔法が使えたら「時間を早送りして、ぬか漬けを漬けたい」

杉咲花、『メアリと魔女の花』スペシャルトークイベントにて クランクイン!

 女優の杉咲花が22日、都内にて行われた米林宏昌監督の最新アニメ映画『メアリと魔女の花』のスペシャルトークイベントに登壇した。主人公・メアリの声を演じた杉咲は、作品の内容にちなんで「もしも魔法が使えたら」と問われ、「時間を早送りできる魔法を使ってみたい」と回答。その理由として「私はぬか漬けが好きなんですけど、はやく漬かるように」と話し、キャストや観客らを笑わせた。

 『メアリと魔女の花』は、『借りぐらしのアリエッティ』(10)でその年の邦画興行収入NO.1を記録し、次作『思い出のマーニー』(14)では米アカデミー賞にノミネートされた米林監督が、2014年末のジブリ退社後に設立した、スタジオポノック第1回長編作品として挑む話題作。

 試写で完成した作品を観た杉咲は「自分の作品を初めて観るときは、どうしても自分のことが気になって客観的には観られないんですけど、今回は作品の力がすごくて、ずっと引き込まれていました」と興奮気味に語れば、ピーター役の神木隆之介も「一人の観客として楽しめました。勇気をもらえて、背中を押してくれるような作品だと思いました」と絶賛した。

 豪華キャストでも話題の本作で、庭師・ゼべディ役を演じる遠藤憲一は、杉咲とは昨年のドラマ『モンタージュ 三億円事件奇譚』(フジテレビ系)以来の共演となる。「前回は花ちゃんを倉庫に閉じ込めて拳銃で脅して泣かせる役だったので、今回は普通の役でよかった」と語ると、杉咲は「遠藤さん怖くなくてよかったです。あのときは恐ろしかったので…」と話し、笑いを誘った。

 最後に杉咲は「この映画でメアリが一生懸命頑張ってる姿を観て、自分もこれくらい、毎日ズルせずにまっすぐ頑張れてるかなと、改めて向き合う機会をもらえたなと思いました。観てくださる方に少しでも胸に響くものがあったらうれしいです」とメッセージを送った。なおイベントには、小日向文世、佐藤二朗、大竹しのぶ、米林監督、西村義明プロデューサーも登壇した。

 映画『メアリと魔女の花』は7月8日より全国公開。

関連記事(外部サイト)