松岡茉優、オリラジ藤森との共演にビックリ!?「イケメン声優だと思ってた」

松岡茉優、オリラジ藤森との共演にビックリ!?「イケメン声優だと思ってた」

映画『カーズ/クロスロード』新車発表会見に出席した松岡茉優、藤森慎吾 クランクイン!

 ディズニー/ピクサーの人気シリーズ『カーズ』の最新作『カーズ/クロスロード』の“新車”発表会見が27日、都内で行なわれ、日本語吹替えを務めた松岡茉優と藤森慎吾(オリエンタルラジオ)が出席。吹替え時は、声優が藤森だと知らなかったという松岡は「若いイケメン声優だと思っていた…」と振り返ると、「ごめんね、中年のコメディアンで」といじけ、会場を沸かせていた。この日は、ブライアン・フィー監督とアンドレア・ウォーレンプロデューサーも出席し、本作の魅力を日本の報道陣にPRした。

 本作は、“天才レーサー”ライトニング・マックィーンの活躍を描いた人気シリーズの最新作。華々しく活躍してきたマックィーンもベテランと呼ばれるようになり、最新のテクノロジーを搭載したレーサーに勝てなくなっていた。そんな時にレースで事故を起こしていまい、引退か、現役続行か「人生の決断」を迫られる…。

 「ディズニー/ピクサーは『カーズ』最新作のために、約6年の歳月を費やし、型破りな新車を開発しました!」とプロデューサーのウォーレン氏が語ると、6年ぶりとなる<新車>をフィー監督が発表。「この2台は、私たちのイマジネーションの結晶です」とコメントし、マックィーンの脅威となる次世代レーサー“青いボディ”のストームと、マックィーンの再起をサポートする相棒“黄色いボディ”のクルーズが紹介され、それぞれの声優を担当する藤森と松岡も登場。

 憧れのディズニー/ピクサー作品で声優を務めることに興奮気味の松岡は、「本当に光栄です!明るくて前向きな女の子クルーズを精一杯演じました。楽しかったです!」と喜びのコメント。ところが、ストーム役を誰が担当しているのか全く知らなかったという松岡は、「人気の若手イケメン声優がやっていると思っていたんですが、藤森さんと聞いてビックリ!こんな演技ができるなんて、改めて尊敬した」と驚き顔を見せると、藤森は、「ごめんね、中年コメディアンで」といじけながらもまんざらでもない様子を見せた。

 また、二人の感想を求められたフィー監督は、「松岡さんはとても元気でポジティブだね」と絶賛するも、藤森に対しては、肩を組みながら、「君はとてもチャラい!」とジャパニーズジョークで一喝。すると藤森は、「これまで声優のお仕事も時々やらせていただいてますが、だいたいはチャラいキャラ。でも、今回は監督さんから“チャラさ”を抑えてくれと。まず、そこの戦いがあり、難しさもあったんですが、本当にやりがいがありました」と真摯に語っていた。

 映画『カーズ/クロスロード』は7月15日(土)より全国公開。

関連記事(外部サイト)