山口智充、「自分にあったフィールドで戦う」若い人に媚びずベストを尽くす

山口智充、「自分にあったフィールドで戦う」若い人に媚びずベストを尽くす

山口智充、「自分にあったフィールドで戦う」若い人に媚びずいまできるベストを尽くす クランクイン!

 ディズニー/ピクサーが手掛ける『カーズ』シリーズ6年ぶりの最新作『カーズ/クロスロード』が公開を迎える。本作で、主人公マックィーンの親友メーターの日本語吹き替えを担当するのは、ぐっさんこと山口智充だ。最初の作品から数えて11年という歳月が経過しているが「一つの大きなレギュラー番組かな」と本作への思いを語った山口に話を聞いた。

 2011年の『カーズ2』以来、約6年ぶりにメーターを演じることになった山口は「メーターを演じられるということももちろんですが、いち『カーズ』ファンとして、新作が観られることに胸がときめきました」と、出演者というよりは、完全なるファンとして『カーズ』を観ていることを明かす。

 山口にとってメーターと出会ったのは11年前。その後、『カーズ』は2度映画になったが、それぞれパート1からパート2が5年、パート2からパート3が6年と間隔は空いている。しかし山口は「『カーズ』という映画は、常に僕の心の片隅にあるんです。家にも模型やグッズがあるし、人からも、ことあるごとに『カーズ』の話をされるし、街で声を掛けられることもあります。いい意味で、この11年間、『カーズ』という映画のことを忘れられないんです」と言うように、多彩な芸で、幅広い芸能活動を行っている彼のなかでも、本作はとても大きな存在になっているという。

 最新作では、これまで隆盛を誇ってきたマックィーンが、次世代のレーシングカーたちの台頭により、思ったような成績が挙げられなくなり、自身の進路に迷う姿が描かれている。どの世界にもある世代交代がテーマになっているが、当然芸能界にも起こりうる事柄だ。

 山口は「この映画のテーマを最初に聞いたとき、当然僕らの世界にもありうることだなと思いました。芸能界に限らず、老いというものには逃げられないですからね」と語りだすと「そんななか、老いと向き合う人もいれば、背を向ける人もいると思います。どちらが正しいとは言えませんが、僕は自分らしくいることが大事だと思うんです」と持論を展開する。

 続けて「この映画にも出てきますが、戦いの場にはいろいろある。例えば、頂点を極める過酷なレースもあれば、草レースやダートのレースもある。要は自分にあったフィールドで戦えばいい。世代交代といって、若い世代がメーンになってきたとき、無理して自分を若い人に合わせたら絶対しんどくなると思います。だから自分のできる場所で、しっかりと役割を果たす。そこでもし、自分のことを欲しがってもらえれば、行けばいいと思うんです」と語る。

 そういう生き方こそが山口の求める“格好いい生き方”だという。「僕もそういう格好いい先輩たちをみてきました。決して若い人に媚びず、己のままに自分のフィールドで生きて、いまできるベストを尽くす。もちろん老いには勝てませんが、その年でできることをしっかりやっていればきっと輝いてみえるんです」。

 また、声の仕事には山口なりの考えがあるという。「芸人としての山口智充は、自分をしっかりと売ることも必要ですが、声の担当って、ある意味裏方であり、自分を売る必要はないじゃないですか。映画の良さをアピールというのは分かるのですが、山口智充として出た場合、どうしていいか分からないというのが正直な気持ちなんです」と心情を吐露する。

 さらに「本当は『メーターの声はぐっさんです』と言うのではなく、映画を観て『メーターの声って誰がやっているんだろう』と思っていただいて、エンドロールとかで『あ、ぐっさんだったんだ』って言ってもらえるのが最強なんでしょうけれどね」と山口は語ると「それだけしっかり声の仕事に徹しようと思って臨んでいます」とメーターの吹き替えを担当することへの熱い思いを語ってくれた。(取材・文・写真:磯部正和)

 『カーズ/クロスロード』は7月15日より全国公開。

関連記事(外部サイト)