細田守監督最新作『未来のミライ』は4歳の男の子が主人公! 来年7月20日公開

細田守監督最新作『未来のミライ』は4歳の男の子が主人公! 来年7月20日公開

細田守監督、最新作発表記者会見に登場 クランクイン!

 『おおかみこどもの雨と雪』や『バケモノの子』で知られる細田守監督の最新作『未来のミライ』製作発表記者会見が13日に都内で行われ、同作が2018年7月20日より公開されることが発表された。また、会見には細田監督と齋藤優一郎プロデューサーが登壇。細田監督は「子ども映画でありながら、子どもの視点を通して、面白い世界をダイナミックに見せたい」と本作への思いを語った。

 本作は、現代の家族のかたちや子供の成長をリアルに描いた、ちょっと不思議な「きょうだい」の物語。とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家に住むくうちゃん(4歳)の元に、ある日、生まれたばかりの妹がやってきた。両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくうちゃん。そんな時、くうちゃんは未来からやってきた妹、ミライちゃんと出会うのだった…。

 高校生と田舎の大家族のひと夏のふれあいを描いた『サマーウォーズ』、二人の子どもの自立と母親の愛情を描いた『おおかみこどもの雨と雪』、ひとりぼっちの少年の冒険と“バケモノ”との種族を超えた絆を描いた『バケモノの子』と、次々に大ヒットアニメーションを生み出し、国内外で今、もっとも注目されるアニメーション映画監督の一人である細田。3年ぶりの新作となる本作でも、原作・脚本を細田監督自身が担当し、細田作品ならではのファンタジーな世界が融合した新しいエンターテインメント作品を作り上げる。また、製作は「スタジオ地図」が担当する。

 会見で細田監督は、本作は自身の子どもたちと過ごす時間から発想を得たことを明かし、「毎回、新しいチャレンジをしていますが、今回の作品では4歳の男の子を主人公にすること自体がチャレンジです。『クレヨンしんちゃん』のしんちゃんが5歳、『トトロ』のメイちゃんが4歳という例はありますが、映画表現の中で4歳を主人公にするというのは大変なことです。でも、だからこそこの視線でしか見られないものがあると感じます」と説明。

 また、本作の主人公を「くんちゃん」と名付けた意味を問われた細田監督は、「アイデンティティー的に揺れ動いている存在ということから、『〜君』『〜ちゃん』というところからつけました」と語った。さらに、本作の舞台は「横浜市の磯子区か金沢区」で「内容的な関連があります。家族にとって、ここが重要なことが過去に起きた場所です」と明かした。

 本作は、現在、世界57ヵ国での上映が決定。細田監督は「ちょっとした見応えあるものになりそうな気配がしています。独特な面白い映画になるだろうという予感を持って作っていますので、ぜひ期待してください」とファンへメッセージを送った。

 『未来のミライ』は2018年7月20日より全国公開。

関連記事(外部サイト)