『キューティーハニー』2018年アニメ化!『デビルマン』『マジンガーZ』に続く第3弾

永井豪氏の『キューティーハニー』アニメ化 代表作に『デビルマン』『マジンガーZ』

記事まとめ

  • 漫画家・永井豪氏の作家50周年を記念し『キューティーハニー』のアニメ化が決定した
  • 永井氏の代表作ともいえる『デビルマン』『マジンガーZ』に続く第3弾となる
  • 『キューティーハニー』が『Cutie Honey Universe』として新たに生まれ変わるという

『キューティーハニー』2018年アニメ化!『デビルマン』『マジンガーZ』に続く第3弾

『キューティーハニー』2018年アニメ化!『デビルマン』『マジンガーZ』に続く第3弾

『キューティーハニー』2018年アニメ化!『デビルマン』『マジンガーZ』に続く第3弾(C)Go Nagai/Dynamic Planing‐Project CHU

 漫画家・永井豪の作家50周年を記念して『キューティーハニー』のアニメ化が決定した。永井の代表作ともいえる『デビルマン』『マジンガーZ』に続くアニメ化に、永井は「如月ハニーが、現代にどのように蘇り、どんな“カッコかわいい”活躍を見せてくれるのか、今から楽しみにしています」と期待を寄せた。

 永井の代名詞といえば“ダークヒーロー”、“ロボット”、“お色気セクシー”の3本。“ダークヒーロー”である『デビルマン』は、『DEVILMAN crybaby』として湯浅政明監督の手で新作アニメとして蘇り、“ロボット”の『マジンガーZ』は、『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』として45年ぶりの映画化で蘇る。そして今回、“お色気セクシー”の『キューティーハニー』が『Cutie Honey Universe』として新たに生まれ変わる。

 アニメ化発表のほか、ティザービジュアルも公開された。ビジュアルは、主人公の如月ハニーを筆頭に、キューティーハニーの専売特許・ハニーの七変化姿が並ぶ、可愛くて強い女の子ハニーの大活躍を予見させるデザインとなっている。
 
 また、本作のコンセプトは“カッコかわいい女の子”。これまでTVアニメ化、ドラマ化、実写映画化と様々なテイストで映像化されてきた『キューティーハニー』が原点に返り、さらに新たなエッセンスを加えることで凛と「カッコよく」「かわいい」新生ハニーをリブートしていく。

 原作者の永井は、『キューティーハニー』のアニメ化について「僕の代表作である『デビルマン』『マジンガーZ』に続き『キューティーハニー』のアニメ化が決まり、本当にうれしいです!これで、永井豪50周年記念アニメ化作品は完結することになるでしょう」と喜びもひとしお。「少年マンガ週刊誌とTVアニメ番組とで、同時スタートした私のヒロインは、何度も、アニメやマンガ、映画になって活躍し続けてきました。今回のアニメ化のコンセプトが“カッコかわいい”ということで、如月ハニーが、現代にどのように蘇り、どんな“カッコかわいい”活躍を見せてくれるのか、今から楽しみにしています」と期待を寄せている。
 
 『Cutie Honey Universe』は2018年アニメ化。

関連記事(外部サイト)