TVアニメ『恋は雨上がりのように』主人公・あきら役に渡部紗弓、店長は平田広明

TVアニメ『恋は雨上がりのように』主人公・あきら役に渡部紗弓、店長は平田広明

『恋は雨上がりのように』場面写真(C)眉月じゅん・小学館/アニメ「恋雨」製作委員会

 フジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送されるTVアニメ『恋は雨上がりのように』にて、メインキャストを務める声優が発表され主人公・橘あきら役に渡部紗弓、店長・近藤正己役を平田広明が務めるほか、宮島えみ、福原遥らの豪華声優陣が発表された。

 TVアニメ『恋は雨上がりのように』は眉月じゅん「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中の同名漫画が原作。かつて陸上部のエースだったが、ケガにより陸上から離れてしまった主人公・あきらと、夢をあきらめた過去を持つ、ファミリーレストランの店長が、海辺の街を舞台に織りなすストーリー。

 アニメーション制作を担当するのは、『進撃の巨人』『甲鉄城のカバネリ』などを手掛けたWIT STUDIO。監督は『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』『宇宙兄弟』の渡辺歩。その他スタッフはキャラクターデザイン・総作画監督を『君に届け』の柴田由香、音楽は『篤姫』『Dr.コトー診療所』などの吉俣良が担当、オープニングテーマにはCHiCO with HoneyWorks『ノスタルジックレインフォール』が決定している。

 キャストは主人公・橘あきらを渡部、あきらのバイト先であるファミレス「ガーデン」の店長・近藤正己を平田が演じ、あきらの親友で陸上仲間の喜屋武はるかを宮島、ファミレス「ガーデン」のバイト仲間・西田ユイ役を福原が務める。

 近藤に恋心を抱くあきらを演じる渡部は「『好きな人を思って胸が熱くなること、私にもあったな』と思い出しながら恋する普通の子を意識して演じています。2人の恋を楽しんでほしいです」と作品への意気込みを語る。

 一方、「初めてビジュアルを見た時、率直にとてもきれいな絵だなと感じました」と語る平田。「演じる上で全国の中年男性の希望にならないといけないのかな?と思ってみたりしています」とお茶目なコメントを寄せ、「原作を見ても女性ファンが多いのではないかと思いますが、中年男性にも楽しんでいただけますと幸いです」とアピールした。

 アニメ『恋は雨上がりのように』は2018年1月11日よりフジテレビ“ノイタミナ”ほか各局にて毎週木曜日24時55分から放送開始。

関連記事(外部サイト)