『あしたのジョー』連載開始50周年企画、TVアニメ『メガロボクス』迫力溢れるPV解禁

『あしたのジョー』連載開始50周年企画、TVアニメ『メガロボクス』迫力溢れるPV解禁

『あしたのジョー』連載開始50周年企画、TVアニメ『メガロボクス』迫力溢れるPV解禁(C)高森朝雄・ちばてつや/講談社/メガロボクスプロジェクト

 『あしたのジョー』連載開始50周年企画として、同作を原案としたオリジナルアニメーション『メガロボクス』の放送が2018年4月よりスタートする。このたび、男たちが重々しいパンチを繰り出し闘う姿を、激突感あふれる迫力のアニメーション映像で再現した特報PVが解禁された。

 本作は、TVアニメ『進撃の巨人』でビジュアルコンセプトを務めるなど数々の話題作で重責を担ってきた気鋭のクリエイター森山洋の初監督作品。脚本に、映画『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』を手掛けた真辺克彦と映画『続・深夜食堂』の小嶋健作を迎え、音楽をプロデューサー、リミキサーとして国内外で活躍するアーティスト・mabanuaが担当。実力派スタッフが集結した。また、アニメ『あしたのジョー2』で原作の世界観を魅力的に描いたトムス・エンタテインメントがアニメーション制作を手掛ける。

 このたび、公開された特報映像は、迫力の試合シーンを中心に、主人公・“ジャンクドッグ”と呼ばれる男が重々しいパンチを繰り出し闘う姿が描かれる。そして、宿命のライバルとの出会い、火花を散らしながら激しくぶつかり合う映像も収録。物語を動かしていく多彩なキャラクター達も続々登場するほか、mabanuaの音楽が重厚な世界観を更に盛り上げている。

 加えて、『メガロボクス』の貴重資料を含む「あしたのジョー展」の開催も決定。ジョーの背中を追うかのような「リングロード」に始まり、著者が選ぶシーンの数々を貴重な原画で展示する。
 
 TVアニメ『メガロボクス』は、2018年4月よりTBS、BS‐TBSにて放送開始。『あしたのジョー展』は、東京ソラマチ 5F スペース634にて開催。

関連記事(外部サイト)