『あんステ』完結篇、東京公演開幕! 小澤廉「キラキラした舞台を届けたい」

『あんステ』完結篇、東京公演開幕! 小澤廉「キラキラした舞台を届けたい」

『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』〜To the Shining future〜囲み会見にて クランクイン!

 小澤廉と山本一慶、松村泰一郎、谷水力、前山剛久、安井一真、野嵜豊、星元裕月が、25日に都内で行われた「『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』〜To the Shining future〜」の囲み会見に出席。大阪公演を終え、待望の東京公演を直前に控えた会見で、主演の小澤は「夢を見てもらえるようなキラキラした舞台をお届けしたい」とファンへメッセージを送った。

 本作は、才能に溢れた若者たちを輩出する養成学校「私立夢ノ咲学院」を舞台にしたスマートフォン向けゲームアプリを舞台化したミュージカル。これまで、エクストラ・ステージを含め3作が上演されており、大きな反響を呼んだ。本作では、メインストーリーの完結篇として、これまで登場した8ユニットが勢揃いし、生徒会長から解散命令を言い渡されたTrickstar、そしてひとり取り残されたスバルの姿が描かれる。

 明星スバル役の小澤は「今回、メインストーリーが完結します。(これまでの作品で)作り上げてきた空気感、絆を大事にしながら最後までやりきりたい」と意気込むと、「Trickstarは新曲をやります。舞台オリジナルの曲なので、そこが見どころです。何が正しいのか、本物のアイドルは何なのかを(ストーリーの)最後で、舞台上で表現できれば」と公演にかける思いを語った。

 一方、氷鷹北斗役の山本は「今回、舞台オリジナルの部分も多く、原作を楽しんでいる方が見ても楽しい公演だと思います。キャラクター各々の日常だったり、学園内での姿が見られるので、そういう部分も楽しんでもらいたい」とアピール。遊木真役の松村は「終わった後に、『ああ、終わっちゃったな』って見てくれるお客さんもスタッフも、全ての人たちに思ってもらえるよう、1日1日、一瞬一瞬を大切に過ごしていきたい」と語り、衣更真緒役の谷水は「(前3作で)今まで少しずつ作り上げてきたものが集結した作品。そこで、Trickstarがどれだけ輝けるか頑張りたい」とコメントを寄せた。

 「『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』〜To the Shining future〜」は、1月25日〜2月5日に東京・シアター1010で上演。

関連記事(外部サイト)