『リズと青い鳥』、予告編&新場面写真公開! 少女2人の心の機微を繊細に描く

『リズと青い鳥』、予告編&新場面写真公開! 少女2人の心の機微を繊細に描く

『リズと青い鳥』、予告編&新場面写真公開!(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

 京都アニメーション制作の最新作『リズと青い鳥』のキービジュアルと本予告、そして場面写真が公開された。高校三年生、最後の青春、卒業が近づく2人の少女の繊細な心の機微を切り取った予告映像となっている。

 『リズと青い鳥』は、高校生の青春を描いた武田綾乃の小説『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』をアニメーション映画化。みぞれと希美、2人の少女の儚く美しい一瞬が描かれる。制作は、映画『聲の形』で第40回日本アカデミー賞優秀アニメーション賞、東京アニメアワードフェスティバル2017アニメオブザイヤー作品賞劇場映画部門グランプリなどを受賞した京都アニメーション。そして、監督・山田尚子、脚本・吉田玲子、キャラクターデザイン・ 西屋太志、音楽・牛尾憲輔ら、映画『聲の形』のメインスタッフが集結した。

 本作のメインキャラクターであり、オーボエ担当の鎧塚みぞれは、市内の強豪・南中学校吹奏楽部出身でトップクラスの演奏技術を持っている。希美の存在が彼女の全てであり、その他のことに興味を向けることがない。そして、みぞれと同じく南中学校吹奏楽部出身のフルート担当、傘木希美は、1年生のときに一度退部したものの、2年生の夏に復帰。高い演奏技術と明るい性格で、後輩からも慕われている。“親友”のはずの2人。しかし、オーボエとフルートのソロは上手くかみ合わず、距離を感じさせるものだった。

 このたび、『リズと青い鳥』のキービジュアルと本予告、場面写真が公開となった。映像では、童話『リズと青い鳥』の登場人物であるリズと少女の物語をなぞるように、みぞれと希美が紡いできた物語を映し出す。また、次第に2人の距離が広がっていく過程も繊細に描き出している。みぞれと希美、卒業が近づく2人の繊細な心、そして、誰しも感じたことがある羨望と絶望。それらを包み込む、愛の一部分が伝わってくる内容となっている。

 『リズと青い鳥』は、4月21日公開。

関連記事(外部サイト)