『有頂天家族』アニメ2期決定にファン大興奮「もう私これだけで生きていける」

『有頂天家族』アニメ2期決定にファン大興奮「もう私これだけで生きていける」

『有頂天家族 二代目の帰朝』(森見登美彦/幻冬舎)

 京都の下鴨神社を舞台に、狸の一族が繰り広げる愉快な日々を描いたコメディ作品「有頂天家族」のアニメ2期が決定した。待望のこの知らせにファンは「メッチャ好き。2期楽しみすぎる」「もう私これだけで生きていける」「有頂天家族いやったあああーー!!」と大興奮だ。

 累計36万部を突破した森見登美彦の同名小説を原作として制作されたアニメ「有頂天家族」は、2013年に放送され、第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞。その2期に当たる「有頂天家族2」は、森見による小説の続編『有頂天家族 二代目の帰朝』を原作として描かれる。

 主人公は、今は亡き狸界の頭領の息子で、天狗や人間にちょっかいを出しては顰蹙を買っている下鴨神社の三男・矢三郎。まあまあ愉快に暮らしていた矢三郎だったが、そんな折に老いぼれ天狗・赤玉先生の跡継ぎである“二代目”がイギリスより帰朝。天狗親子は大喧嘩、狸たちは覇権争い、狸を食べる人間たちは悪だくみ、そしてあちこちで多発する片思い…と京都の町は大混乱。果たして矢三郎は一族の誇りをかけて、尊敬する師、愛する者たち、そして毛深き命を守り抜けるのか!

 キャラクター原案は、『さよなら絶望先生』などで知られる久米田康治、監督も吉原正行が前作から引き続き担当。矢三郎役の櫻井孝宏、長男・矢一郎の諏訪部順一、次男・矢二郎役の吉野裕行、四男・矢四郎役の中原麻衣も続投が決定している。「キャスト続投って最高にうれしい言葉!」「私が初めて恋した櫻井孝宏にまた会えるのか」「べさまのどこか頼りない長男が大好きなんです!」と再び彼らが演じる矢三郎たちに会えることにファンは大喜び。

 原作者の森見からは「不器用な原作者である私は制作陣への適切な配慮を忘れ、おのれの荒ぶる妄想をおさえることができませんでした。これから制作陣の皆様が立ち向かわねばならぬ幾多の困難を想うにつけ、慚愧の念に耐えません。暴れん坊な原作者をお許しください」というコメントが。

 そんな「暴れん坊な作者」が描いた「有頂天家族2」がどんな作品になるのか。現段階では未発表だが、放送日をワクワクと待ちつつ、原作やアニメ1期を見返してみてはどうだろうか。

■アニメ「有頂天家族2」
原作:森見登美彦
キャラクター原案:久米田康治
監督:吉原正行
シリーズ構成:檜垣亮
キャラクターデザイン・総作画監督:川面恒介
美術監督:竹田悠介、岡本春美
音楽:藤澤慶昌
音楽制作:ランティス
出演:櫻井孝宏、諏訪部順一、吉野裕行、中原麻衣 ほか

関連記事(外部サイト)