最高に面白い!東京が舞台のアニメランキング

最高に面白い!東京が舞台のアニメランキング

最高に面白い!東京が舞台のアニメランキング

実在する都市や町を舞台にしたアニメは「ご当地アニメ」と呼ばれ、実際に舞台となった土地や建物を訪れる「聖地巡礼」なる楽しみ方をするファンも少なくありません。もちろん、日本最大の都市である東京を舞台にした作品も数多く存在します。そこで今回は、最高に面白いと思う東京が舞台のアニメがどの作品なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 こちら葛飾区亀有公園前派出所
2位 時をかける少女
1位 ???
⇒全てのランキング結果を見たい方はこちら!

1位は『機動警察パトレイバー』!


ゆうきまさみ、出渕裕、伊藤和典、高田明美、押井守の5人で結成されたクリエイターユニット「ヘッドギア」によるメディアミックス作品。近未来都市の東京を舞台に、汎用人間型の作業機械である「レイバー」による犯罪を取り締まるべく設立された警視庁の特殊車両二課中隊、通称「パトレイバー」の活躍を描いた。

放送時期(テレビアニメ):1989年〜1990年
原作:ヘッドギア
監督:吉永尚之
キャスト:冨永みーな(泉野明 役)、古川登志夫(篠原遊馬 役)、池水通洋(太田功 役) 他

2位は『時をかける少女』!


筒井康隆の同名小説を細田守がアニメ映画化した、タイムリープ能力を手に入れた高校2年生の少女を巡る物語。1983年公開の大林宣彦監督による実写化作品の舞台は広島県尾道だったが、アニメ版では東京都新宿区に位置する西武新宿線中井駅周辺が舞台となった。2021年4月には4DX上映が期間限定で公開された。

公開日:2006年7月15日
原作:筒井康隆
監督:細田守
キャスト:仲里依紗(紺野真琴 役)、石田卓也(間宮千昭 役)、板倉光隆(津田功介 役) 他

3位は『こちら葛飾区亀有公園前派出所』!


『週刊少年ジャンプ』において1976年から2016年まで40年にわたり連載された同名漫画のアニメ化作品。題名の通り東京の葛飾区亀有公園前派出所(架空)にて勤務する、警察官の両津勘吉が巻き起こすドタバタコメディー作品。

放送時期:1996年〜2004年
原作:秋本治
監督:しぎのあきら
キャスト:ラサール石井(両津勘吉 役)、森尾由美(秋本麗子 役)、宮本充(中川圭一 役) 他

このように、テレビアニメ放送から30年以上たっても人気が衰えない『機動警察パトレイバー』が1位に輝いた今回のランキング。気になる4位〜51位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが最高に面白いと思う東京が舞台のアニメ作品は、何位にランク・インしていましたか?

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票合計数:1,229票
調査期間:2022年1月23日〜2022年2月06日

関連記事(外部サイト)