【祝・誕生日】声優・茅野愛衣のハマり役だったアニメキャラランキング

【祝・誕生日】声優・茅野愛衣のハマり役だったアニメキャラランキング

【祝・誕生日】声優・茅野愛衣のハマり役だったアニメキャラランキング

茅野愛衣さん、お誕生日おめでとうございます!

2010年にデビューし、若手声優の中で特に注目されている「癒し系声優」茅野愛衣さん。
ほんわかとしたその演技はもちろん、その美しいルックスでファンを魅了し続けています。

そこで、これまでに茅野さんが演じた役で「ハマってた!」というキャラクターを調査してきました。
あのヒット作から問題作まで、さまざまなキャラクターがランク・インしています。早速結果を見てみましょう!

声優・茅野愛衣のハマり役だったアニメキャラランキング
1位 佐倉慈(がっこうぐらし!)
2位 大江奏(ちはやぶる)
3位 本間芽衣子(あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。)
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

出典:amazon.co.jp


1位は学園モノアニメ『がっこうぐらし!』から、めぐねえこと佐倉慈がトップに!
かわいらしいキャラクターたちが繰り広げるほのぼの学園モノ。のはずが、突然発生した人間をゾンビに変えてしまう感染症に怯えながら、学校で生活することを余儀なくされるというショッキングな内容で、各方面で話題を呼びました。
地獄のような毎日を送る登場人物たち。国語教師めぐねえは初期で命を落としてしまいますが、その後もいろいろな場面で登場し、主人公たちを導く重要なキャラクターです。

おっとりしていて優しく、時には厳しく生徒たちに接するよき教師。そんな彼女と性格が似ている茅野さんの演技は、自然体で違和感がないと好評でしたね。
アニメ次回作が期待される本作。もしかしたら茅野さん演じるめぐねえと、また会える日が来るかもしれません。

出典:amazon.co.jp


2位は『ちはやふる』から大江奏がランク・イン。
ほんわかとした見た目と、和服をこよなく愛するかなちゃんこと大江奏。専任読手に憧れており、千早のクイーン戦で読むのが夢という17歳の女の子です。
試合時に袴を着るのを条件にかるた部に入部。ランクはC級で、A級にならないと読手になれないと知り、落ち込むことも。

細やかな気遣いができる女性でありながら、恋愛の話が好きだったりといわゆる「普通の女子高生」を演じた茅野さん。
かなちゃんの見た目にぴったりの声が、キャラクターの人気にも直結。「彼女にするならこんな子がいい!」とまで言われた見事な演技でした。

出典:amazon.co.jp


3位は『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』からめんまこと本間芽衣子が選ばれました。
幼い頃に亡くなり、アニメでは幽霊として登場する銀髪碧眼の美少女めんま 。物語の中で彼女は「願いを叶えてほしい」と成長した姿で登場します。
茅野さんはこの役で「第6回声優アワード」にて新人賞を受賞し、一躍有名になった出世作でもあります。

見た目は成長はしているものの、記憶は亡くなった時のままで言動は幼さを残す彼女。単純にかわいらしいだけでなく、ストーリーの中で移り変わる彼女の心情を、茅野さんは明るくもせつなく演じていました。
最終回には号泣した人が多数。劇場版も大きな話題を呼んだ名作のヒットに、茅野さんの声が一役買っているのは間違いないですね。

やはり癒し系声優らしく「癒し系キャラ」が上位を占めた結果になりました。
他にも癒されるキャラが多数ランク・インしています。4位〜49位のランキングをぜひご覧ください!

(ライター:いしきりひなほ)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2016年8月18日〜2016年8月23日

関連記事(外部サイト)