『ドラクエXI』発売日…深夜の秋葉原に若き勇者達がいました

『ドラクエXI』発売日…深夜の秋葉原に若き勇者達がいました

開店を待つ若者に話を聞いてみました

7月29日に発売を迎える『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』。熱心なファンは既にDL版でプレイしているであろう終電もなくなった深夜の秋葉原の様子をレポートします。パッケージ版を待ちわびる若き勇者たちにも話を聞いてみました。

◆主要店舗には行列はできず…
「さすがにこのご時勢に蒸し暑い中行列を作ることもないだろうなぁ。」とあまり期待せずに深夜の秋葉原を歩いてみましたが、案の上ヨドバシAkiba、ビッグカメラ AKIBAには行列はありませんでした。そりゃDL版を買うか、通販で予約してますよね。



誰もいなかったという記事にするのもなんだかなと、周囲を歩いていると、ヨドバシAkibaのベンチに腰掛ける人達を発見。もしかしたら発売を待つ勇者達か!?と期待に胸を高鳴らせながら声をかけてみました。

◆行列はできずとも若き勇者達が…!
何人か座っている中で、楽しそうに談笑する2人組に話を聞いてみると、やはり『ドラクエXI』発売のために待機しているとのこと。根掘り葉掘り話を聞いてみました。



11時頃に到着したという2人は20歳の学生さん。ちなみにドラクエで例えるなら『ドラゴンクエストVI 幻の大地』(1995年発売)よりも年下です。初めてプレイしたドラクエ作品はそれぞれ『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー』、お父さんが持っていたスーパーファミコンで遊んだという『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』だそう。世代の違いをひしひしと感じます。

初めてプレイした作品にとてもハマり、そこから過去作も遡りながら色々とプレイし始めたとのことで、2人とも一番好きな作品は『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』だそうです。「物語が重厚」「色々なキャラクターが出る作品も好きだけど、パーティーが固定されていて感情移入できた」と好きな理由も教えてくれました。

「ネットでも盛り上がってたし、もう少し人がいるかと思った」と少し意気消沈の様子でしたが、「DL版で早くプレイするという選択肢もあったが、リアルタイムでナンバリング作品が出るので、どうしても並んで買ってみたかった」と熱い想いを吐露してくれました。普段は専らスマホゲームを遊んでいるということですが、PS4版を買うという男性は「ドラクエ発売を機に、2日前にようやく本体を買った」とのこと。

ヨドバシAkibaでは午前7時から販売を開始するということで、朝の様子は改めてレポートする予定です。果たして行列はできるのでしょうか?

関連記事(外部サイト)