【読者アンケート】「一番好きな『ドラクエ』ナンバリングタイトルは?」結果発表─1位はプラットフォームが変わったあの作品!

【読者アンケート】「一番好きな『ドラクエ』ナンバリングタイトルは?」結果発表─1位はプラットフォームが変わったあの作品!

【読者アンケート】「一番好きな『ドラクエ』ナンバリングタイトルは?」結果発表─1位はプラットフォームが変わったあの作品!


この夏の話題作のひとつ、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』が発売され、多くの方が新たな冒険に没入した週末を過ごしました。

シリーズ最新作の発売を記念し、インサイドでは「一番好きな『ドラクエ』ナンバリングタイトルは?」というアンケートを先日実施しました。30年を優に超える歴史を持つ本シリーズは、ナンバリングだけで2桁に及んでおり、初めて遊んだタイトルもプレイヤーそれぞれで様々。遊んだ人の数だけ多彩な思い出が生まれたことでしょう。

そんなシリーズ作の中でも、特にどのタイトルに人気が集中しているのか。読者アンケートの結果を、こちらで発表させていただきます。

【一番好きな『ドラクエ』ナンバリングタイトルは?】結果発表
1位:ドラゴンクエストV 天空の花嫁 306票 (25.1%)
2位:ドラゴンクエストIII そして伝説へ… 292票 (23.9%)
3位:ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君 129票 (10.6%)
4位:ドラゴンクエストIV 導かれし者たち 95票 (7.8%)
5位:ドラゴンクエストVI 幻の大地 83票 (6.8%)
6位:ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち 76票 (6.2%)
7位:シリーズ全部好き! 68票 (5.6%)
8位:ドラゴンクエストIX 星空の守り人 62票 (5.1%)
9位:ドラゴンクエストII 悪霊の神々 61票 (5%)
10位:ドラゴンクエストX オンライン 34票 (2.8%)
11位:ドラゴンクエスト 15票 (1.2%)
栄えある1位に輝いたのは、『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』でした。前作までがファミコンでの発売だったため、“ハードの進化”による恩恵を初めて受けたシリーズ作でもあります。結婚相手に悩むなど思い出深い展開が多く、プレイした者同士が熱く語り合うこともしばしばあるタイトルです。

2位は、『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』。社会現象となり、発売日に買えなかった方も続出しました。フィールドが更に広がり、自由なパーティ編成や転職といった遊び応えのある要素を数々導入。仲間の職業を変えて何度もプレイする方も多く、ファミコンで展開されたシリーズの代表作と言っても過言ではないでしょう。

ベスト3の最後に滑り込んだのは、『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』。こちらも、プラットフォームが前作のPSからPS2へと進化し、グラフィック表現も一新。頭身の上がったキャラクターは新鮮で、しかし『ドラクエ』らしさは失っておらず、刺激に満ちた冒険を多くのユーザーが没頭しました。

4位の『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち 』も、数多くリメイクされた経歴を持つ一作。オムニバス形式で各キャラクターを掘り下げ、全員が勇者の元に集って世界を救う物語は、同時にピサロとの激しい、また切なさも入り交じる戦いでもありました。主人公たちはもちろん、敵として立ちはだかったピサロも高い人気を博しており、後のリメイク作では仲間になるという展開も。

そして、天空シリーズを締めくくった『ドラゴンクエストVI 幻の大地』が5位に。世界を行き来する壮大な冒険が、プレイヤーたちの冒険心をくすぐりました。また、『ドラクエIII』とはひと味違う新たな転職システムも魅力的です。新ステータス「かっこよさ」を追求した方もいるのではないでしょうか。

6位以下もかなりの混戦となり、幅広く愛されるシリーズだと改めて実感させられました。「シリーズ全部好き!」が7位に入っているのも、その裏付けと言えるでしょう。『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』も含めて改めてアンケートを行ったら、シリーズ最新作はどの順位に食い込むのか。その結果も、実に気になるところです。

(C) 2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C) SUGIYAMA KOBO (P) SUGIYAMA KOBO

関連記事(外部サイト)