人気絶頂の『ドラクエXI』、多方面に影響を与える─LV99到達の真島ヒロ、水木一郎はジャックポットを的中、Niantic川島優志の「真の勇者」像とは…?

人気絶頂の『ドラクエXI』、多方面に影響を与える─LV99到達の真島ヒロ、水木一郎はジャックポットを的中、Niantic川島優志の「真の勇者」像とは…?

人気絶頂の『ドラクエXI』、多方面に影響を与える─LV99到達の真島ヒロ、水木一郎はジャックポットを的中、Niantic川島優志の「真の勇者」像とは…?


3DS/PS4ソフト『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』が7月29日に発売され、全国で多くのプレイヤーが勇者となり、冒険へと出かけました。

7月29日・30日の2日間で200万本以上を販売したとの報告もあり、滑り出しも好調。またSNSでは、プレイの手応えを語る人やお気に入りのシーンを披露する方などで連日賑わいを見せています。

そんな『ドラクエXI』が与えた影響は一般ユーザーだけに留まらず、漫画家やゲームクリエイターなど、業種を問わず多岐に渡っています。歌手のみならず、声優や俳優など様々な活躍を続け、“アニキ”の愛称でも知られている水木一郎さんは、「今回ものんびりゆっくりレベル99を目指してプレイするZ!」と、お馴染みのフレーズでプレイの開始を報告。またカジノにてジャックポットを当て、コイン20万枚を当てた喜びを綴っています。

また楽しみ増えました。ドラクエは昔からプレイしている好きなゲーム。早くもプロローグで涙。今回ものんびりゆっくりレベル99を目指してプレイするZ!#ドラクエ11 #dragonquest #ゲーム #game #目指せレベル99 #超楽しい#冒険大好き pic.twitter.com/OHMmEWzfiY— Ichiro Mizuki (@aniki_z) 2017年7月31日
SQUARE ENIX の「ドラクエ11」昨日カジノのある町、ソルティコでスロットで遊んでいたら、1時間もしないうちに なんと!ジャックポットを当てちゃいました!!ゲームとはいえ夢の77777 コイン20万枚をゲットだZ!#ドラゴンクエスト11 #dragonquest11 pic.twitter.com/pOl31R3Qt0— Ichiro Mizuki (@aniki_z) 2017年8月4日
「FAIRYTAIL」などの代表作を持つ真島ヒロ氏は、発売日に関連アイテムも含めて購入。そして8月4日には「ものすごく感動した!早く同世代のファンと語り合いたい」と、溢れる想いを語っています。なお、PS4版は全員LV99でトロフィー87%を取得。今後は、3DS版を進めつつ、PS4版のトロフィーコンプも狙うとのことです。

もう全部買ったよ!お祭りだからね!DL版も買った!お祭りだからね!いや、自分にとっては聖なる儀式。 pic.twitter.com/y6GbRfLf15— 真島ヒロ (@hiro_mashima) 2017年7月29日
ドラクエ11ものすごく感動した!早く同世代のファンと語り合いたい。— 真島ヒロ (@hiro_mashima) 2017年8月4日
PS4版は全員LV99でトロフィー87%3DS版はまだレベル25くらい。3DS版進めながら、PS4のトロコンもしたいな。— 真島ヒロ (@hiro_mashima) 2017年8月4日
またゲーム関係者からはユニークなつぶやきが飛び出しており、Niantic Inc.の川島優志氏が「勇者」について語っています。ドラクエは家族が寝静まってからこっそりと勇者になるのが趣深いと前置きし、「学校や会社を休んでまでゲームをやるのは、カジノにハマって魔王を倒すことを忘れてしまうのと似ている」と熱弁。そして、「自分のために誰かのために電源を切れる者」こそが真の勇者との持論を展開し、多くの方から注目を集めました。

ちなみにその直後、「…と自分に言い聞かせている…!」とも書き込んでおり、抗いがたい葛藤が内側に秘められていることを伺わせます。真の勇者の道は、かなり険しそうです。

ドラクエは家族が寝静まってからこっそりと勇者になるからこそ趣深いのであって、学校や会社を休んでまでゲームをやるのは、カジノにハマって魔王を倒すことを忘れてしまうのと似ている。真の勇者とは何か。それは、自分のために誰かのために電源を切れる者なのだ…!— 川島 優志 masa kawashima (@mask303) 2017年7月30日
…と自分に言い聞かせている…! pic.twitter.com/OoSHGYJFNl— 川島 優志 masa kawashima (@mask303) 2017年7月30日
更に、『ニーア オートマタ』『SINoALICE』などを手がけたヨコオタロウ氏は、『ドラクエXI』のエンディングをいち早く予想し、『ドラクエXI』プロデューサーの齊藤陽介氏(『ニーア オートマタ』のプロデューサーも担当)に伝えたところ、「ちがいますw」との回答だったと明かしています。ヨコオタロウ氏がどのような結末を予想したのか気になるところですが、公開は控えるとのことです。

そういえばドラクエ11のストーリーについて「こんなエンディングなのでは?」って齊藤さんに言ったら「ちがいますw」って言われた。割と自信あったんだけどなー。だとすると、もう一つの可能性の方かな……※皆様の想像の幅を狭めてしまうので予想は公開しません。— yokotaro (@yokotaro) 2017年7月30日
というか、殆どのゲームも映画も開始10分くらいで全体構成とエンディングを予想する。そしてその答え合わせをしながら観るし、出来ればその想像を上回って欲しい、と願いながら観てる。オタクってみんなそうなんじゃないのかな……わからんけど。— yokotaro (@yokotaro) 2017年7月30日
また、ナンバリングの前作に当たる『ドラクエX』を題材とした漫画「ゆうべはお楽しみでしたね」を好評連載中の金田一蓮十郎氏は、「これで心置きなくドラクエ11出来るぞ!」とツイートした翌日、「ドラクエするか寝るかしかしてない」と、その熱中ぶりを報告。言葉数こそ少ないものの、その熱量の高さは手に取るように分かります。そんな金田一氏は8月1日の昼頃に、「めっちゃ遊んだ後はめっちゃ仕事をする!それが大人!!」と、仕切り直す姿勢を露わにします。

これで心置きなくドラクエ11出来るぞ!あ、仕事は夜します!— 金田一蓮十郎 (@ren10ro) 2017年7月29日
ドラクエするか寝るかしかしてない。やばい。人としてやばい。— 金田一蓮十郎 (@ren10ro) 2017年7月30日
めっちゃ遊んだ後はめっちゃ仕事をする!それが大人!!— 金田一蓮十郎 (@ren10ro) 2017年8月1日
しかし、8月3日のツイートでは、「告白しますと、めっちゃ遊んだ後はめっちゃ仕事する!ってツイートしてからドラクエ11しかしてませんでした」と、『ドラクエXI』の魅力に抗えなかった旨を告白しました。『ドラクエXI』、恐るべし……!

告白しますと、めっちゃ遊んだ後はめっちゃ仕事する!ってツイートしてからドラクエ11しかしてませんでした。本当にドラクエ11しかしてませんでした。物凄い勢いでドラクエ11に時間泥棒されたんで、今から死ぬ気で時間を取り戻します。— 金田一蓮十郎 (@ren10ro) 2017年8月3日
なお、その後の金田一氏は仕事に復帰し、意欲的に活動を続けている模様です。ファンの方々は、どうかご安心ください。

昨日は起きてから仕事しかしてなかったよ。一旦寝るが、起きたらまだまだまだまだ時間を取り戻すぞ!!— 金田一蓮十郎 (@ren10ro) 2017年8月4日
いつものお仕事ネームにミルフィーユのごとく重なる4作品分(ライアー×ライアー最終巻・ラララ6巻・ゆうべはお楽しみでしたね4巻・〆切はおとといです。)の単行本作業+イラストのお仕事…という夏休み期間に相応しいスケジュールでなんだか学生時代が懐かしいです— 金田一蓮十郎 (@ren10ro) 2017年8月4日
今度こそ遊び倒した分真面目に働きます。— 金田一蓮十郎 (@ren10ro) 2017年8月4日
(C) 2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C) SUGIYAMA KOBO (P) SUGIYAMA KOBO

関連記事(外部サイト)