【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】『スプラトゥーン2』のヒーローモードに不満?

【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】『スプラトゥーン2』のヒーローモードに不満?

【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】『スプラトゥーン2』のヒーローモードに不満?

※注意事項
この記事には『スプラトゥーン2』「ヒーローモード」のネタバレとなりうる情報が含まれています。

1日に12時間ゲームをしていたら、人生が崩壊する音が聞こえたほ……。というわけで、「インサイドちゃんのゲーマー人生相談(略してイン談)」第18回目だほ。今回のお悩みはかなり深刻?


過剰な期待をしてしまったが故に、続編を満足に楽しめない新作との付き合い方を教えて下さい。

『スプラトゥーン2』ヒーローモードの結末を受け入れられず悩んでいます。「連載シオカラ小説」から続くヒーローモードは「ソロ活動によってすれ違う生活をしている2人が、一緒の時間を取り戻す」物語だと期待しました。

しかし感動的なストーリーをクリアしても、○○○ちゃんは姿を見せず、ラスボス戦をすると仕事先から再○○されて参戦する状況です。エンディングの新曲が「2人が一緒になった証拠」と受け取ることもできますが、1で当たり前に見れた「幸せそうに談笑する2人」が2には無いことに強い疑問と不満が残ります。

「気に入らないならゲームから離れればいいだろう」とアカウントもファンサイトも何もかも消してSwitchも捨ててしまえと思う一方で、未練がましくスプラトゥーンの魅力から離れずにいます。助けてください。

「イカ語解読サイトの管理人」さん


えーと、まずは状況を解説するほ。『スプラトゥーン2』にはひとりで遊べるヒーローモードというものがあって、そこでは前作に登場したアイドル「シオカラーズ」に関する物語も展開されていくほ。

シオカラーズはアオリとホタルのふたりでひとつのユニットで、前作『スプラトゥーン』にも登場したほ。でも、アオリが突然失踪してしまい、ホタルは彼女を探すために4号(つまりプレイヤー)を派遣することになるほ。最後にはそれが解決するわけだけれども、イカ語解読サイトの管理人さんはその終わり方あたりにどうも納得がいってないみたいなほ。

◆人生相談で解決できないものもある
「端的に言ってしまうと、“何もかも消してSwitchも捨ててしまえ”とまで思うならやめてもいいんじゃねえかな、ということになるほ。ゲームは(多少の困難や苦痛がスパイスになるとはいえ)、楽しく遊ぶものほ。

そもそもの問題は、イカ語解読サイトの管理人さんも自分で言っているように“過剰な期待をしてしまった”ことにあるほ。それはもう自分で認知を歪めて自分でその落差を大きく感じてしまったのであり、つまり過去の自分の問題であって、それは人に相談してどうにかなるものではないほ。

ただし、欲しかった要素がなかったという思い自体はなんらおかしくないので、その主張は別に問題ないと思うほ。とはいえそれを恨みがましく言ったり、泣き言として周囲に訴えまくったりというのは、単純に見苦しいのでやめたほうがいいと思うほ。正論だろうと言い方が悪かったら誰も聞いてくれないほ。」

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
今回はまったく解決に導けていない気もするけど、そういう日もあるほ。というわけで、引き続きお悩みを募集中だほ。コメント欄は閉鎖されちゃったので問い合わせフォームに「人生相談」とか記載して送ってくれほ。

■インサイドちゃん プロフィール
たまにインサイド編集部で仕事を手伝う謎の女の子。最近は、外に出ると汗をかきすぎて手袋が水をぶちこんだかのようになるのが悩みだとか。

関連記事(外部サイト)