【読者アンケート】「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」結果発表─『烈火の剣』『蒼炎の軌跡』『聖戦の系譜』の三つ巴を制したのは……

【読者アンケート】「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」結果発表─『烈火の剣』『蒼炎の軌跡』『聖戦の系譜』の三つ巴を制したのは……

【読者アンケート】「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」結果発表─『烈火の剣』『蒼炎の軌跡』『聖戦の系譜』の三つ巴を制したのは……


シミュレーションRPGの草分け的存在であり、長年にわたって愛され続けてきた『ファイアーエムブレム』シリーズ。時代に合わせて様々なプラットフォームにリリースされており、シリーズ最新作も2018年に発売予定です。

本シリーズは、第一作目『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』に始まり、今年の春には3DS向けにリメイク作が登場。また、スマートデバイス向けに『ファイアーエムブレム ヒーローズ』がリリースされるなど、多彩な展開が続いています。

そこでインサイドでは、一作目から『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』までを対象とした「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」というアンケートを実施しました。歩みの長さに比例する作品数を積み重ねており、それだけにファンの方々の意見も分かれる形となりましたが、果たしてどのタイトルが1位に輝いたのか。全順位をこちらで公開いたします。

◆11位から17位までを一挙紹介!

残念ながら最も票数が少なかったのは、38票(1.2%)の『新・暗黒竜と光の剣(DS)』。シリーズ1作目をリメイクし、ニンテンドーDSソフトとして登場した本作は、新たなキャラクターや新マップを追加。本作がリリースされたことで、『暗黒竜と光の剣』の物語を場所を選ばず遊べるようになりました。

16位は『アカネイア戦記(SFC サテラビュー)』。『暗黒竜と光の剣』『紋章の謎』時代が舞台となっており、時代を先取りしたリリース形態も話題になりました。その反面、遊べる環境が限られていたため、他の作品と比べると知名度やプレイ機会はどうしても低くなりがち。今回の順位も、そういった状況が影響しているのかもしれません。


スマートデバイス向けに登場し、今も多くの方がプレイしている『ヒーローズ』(iOS/Android)が15位に。作品の枠を超えたドリームチームを結成できるなど、本作独自の魅力に惹かれている方も多いのでは。リリースからまだ約半年ほどなので、どれだけファンの心に残る作品となるかは、これからの展開次第とも言えそうです。


14位に入ったのは、シリーズの2作目として登場した『外伝(FC)』。一作目と近い時代なので一部のキャラも登場しますが、舞台となるのは別の大陸。また、一作目とは異なるゲームシステムも多々採用しており、本シリーズの中でもかなり珍しい作品となりました。


本シリーズの原点である『暗黒竜と光の剣(FC)』は13位にランクイン。消耗品としての扱いが多かった「ユニット」に個性を持たせ、また成長要素も取り入れることで各キャラに愛着を持たせることに成功。更に、一度倒れたら(使用場面が限られる「復活の杖」を除いて)生き返らないというシビアさも相乗効果となり、高評価を獲得。ゲーム史に残る一作として、今も語り継がれています。

『紋章の謎(SFC)』で描かれた第2部を単体リメイクした『新・紋章の謎 〜光と影の英雄〜(DS)』が12位に着地。プレイヤーの分身「マイユニット」やカジュアルモードなど、後のシリーズ作にも受け継がれた要素を導入した意欲作です。新キャラ「カタリナ」が印象深かった方も多いのでは。


惜しくもベスト10入りを逃した『Echoes もうひとりの英雄王(3DS)』が11位。シリーズの中で異色作として知られている『外伝』の魅力を踏まえつつ、大胆にリメイク。ビジュアルも一新した本作が、オリジナル版を超える人気を得る躍進を果たしました。現在リリースされているシリーズ作としては最も新しいので、シリーズ未体験の方は本作から始めてみるのも一興でしょう。


◆接戦を繰り広げた5位から10位はこちら!

見事ベスト10入りを果たしたのは、初の3DS作品でもある『覚醒(3DS)』。クロムをはじめとするキャラクター人気も高い一方で、より自由度を増した育成や意外な展開を迎える物語なども注目を集め、後のシリーズ作を後押しする大ヒットを記録しました。「デュアルシステム」や「結婚」などを採用し、攻略や育成がより幅広いものに。


続いて9位に輝いたのは、『トラキア776(SFC)』。書き換え可能な「ニンテンドウパワー」のラインナップとして登場し、その歯応え溢れるバランスに手こずったユーザーも。てニンテンドウパワーという特殊なリリース形態だったこともあり、サービス終了後はプレイしにくい状況が続きましたが、2008年以降にバーチャルコンソールにて展開。プレイできるユーザーが一気に増えました。

そして、『蒼炎の軌跡』の直接的な続編作『暁の女神(Wii)』が8位に。前作の世界観を受け継ぎ、お馴染みのキャラクターも多数登場。また、新たなキャラクターたちも加わり、壮大な物語を4部構成で描くボリュームたっぷりの作品として名を馳せました。プラットフォームの垣根を超え、前作データを引き継げるといったユニークな特徴も話題に。


7位には、どちらの国に属するかで大きく異なる展開が楽しめる『if(3DS)』がランクイン。属する国は、パッケージ版は購入時に選択する形となり、ダウンロード版ではプレイ中に選びますが、選ばなかったルートは追加DLCで楽しむことが可能です。また、いずれにも属さない第3のルートなどもあり、タイトル通り様々な「if」が楽しめる一作でした。


ベスト5は逃したものの、『聖魔の光石(GBA)』が6位に入りました。GBAにリリースしたシリーズ作品はいずれも高い順位につけており、人気の根強さを感じさせます。物語的には独立した作品なので、遊びやすいのも嬉しいポイント。Wii U向けにバーチャルコンソール版が配信されているので、今から遊びたい方にはそちらがお勧めです。


◆ベスト5を発表! 栄えある1位に輝いたのは……

まずは、『封印の剣(GBA)』が5位に。携帯ゲーム機向けにリリースされた初のシリーズ作として関心を集めると共に、持ち運んで遊ぶためのシステム作りも盛り込み、新たなプラットフォームでも盤石の態勢を整えることに成功しました。キャラクターたちの個性や関係性が伺える「支援会話」は好評を博し、後のシリーズ作に受け継がれる形に。


オリジナル版の魅力を継承するだけでなく、遊びやすく改善。またビジュアルも一新させ、シリーズ人気を大きく後押しした『紋章の謎(SFC)』は4位となりました。ファミコンだったこともあり、『暗黒竜と光の剣』のキャラクタービジュアルはやや残念な点も否定できませんが、その点が本作で大きく進化。また戦闘も、より迫力を増して見応えのあるものに。さらに、『暗黒竜と光の剣』後の物語を描いた第2部の追加など、多彩な魅力が詰め込まれた一作でした。

ここからは、いよいよベスト3の発表。まずは、『蒼炎の軌跡(GC)』が3位を獲得しました。『トラキア776』以来、約6年ぶりとなる据え置き機向け作品として登場。「バイオリズム」や新種族「ラグズ」などの導入により、本作も新たな刺激による激戦を味わうことができました。漆黒の騎士とアイクの対決は、ここから始まります。


惜しくも2位となったのは、『烈火の剣(GBA)』。携帯ゲーム向けとしては最も高い順位を獲得しており、本作に登場する主人公のひとり・リンはシリーズ屈指の人気キャラとして知られています。『封印の剣』の続編であり、前作では語られなかった別の歴史を紐解く一作として、変わらぬ支持を今も集める形となりました。


そして栄えある1位は、『聖戦の系譜(SFC)』に決定。シリーズ作品がそれまで築いてきた世界観を一新し、新たなゲームシステムも意欲的に取り入れた一作が、堂々の首位に輝きました。広大なマップが採用されたことで、大局を見極める戦術性がより問われる形に。また、戦闘を大きく左右する「スキル」の存在や、子供世代に繋がるストーリー、前半での関係性が影響する育成要素など、多彩な要素でユーザーを魅了。本作から入ったファンも少なくなく、シリーズ全体の盛り上げにも一役を買いました。

どの作品も思い出深いものばかりで、敢えて1本を選ぶのは難しかったことと思います。、来年発売予定のシリーズ最新作がリリースされたら、この順位も更に変動することでしょう。更なる展開を楽しみに、続報をお待ちください。なお、全体の順位一覧は下記にまとめておきました。よければご覧ください。

■「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」
1位 聖戦の系譜(SFC):666票(20.3%)
2位 烈火の剣(GBA):399票(12.2%)
3位 蒼炎の軌跡(GC):361票(11%)
4位 紋章の謎(SFC):282票(8.6%)
5位 封印の剣(GBA):237票(7.2%)

6位 聖魔の光石(GBA):214票(6.5%)
7位 if(3DS):193票(5.9%)
8位 暁の女神(Wii):185票(5.7%)
9位 トラキア776(SFC):156票(4.8%)
10位 覚醒(3DS):142票(4.3%)

11位 Echoes もうひとりの英雄王(3DS):118票(3.6%)
12位 新・紋章の謎 〜光と影の英雄〜(DS):73票(2.2%)
13位 暗黒竜と光の剣(FC):69票(2.1%)
14位 外伝(FC):59票(1.8%)
15位 ヒーローズ(iOS/Android):41票(1.3%)
16位 アカネイア戦記(SFC サテラビュー):40票(1.2%)
17位 新・暗黒竜と光の剣(DS):38票(1.2%)

関連記事(外部サイト)