宮野真守、中学の恋愛エピソード披露「好き同士になれたのに喋れなく…」

宮野真守、中学の恋愛エピソード披露「好き同士になれたのに喋れなく…」

画像提供:マイナビニュース

声優・宮野真守らが、25日に都内で行われたアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』(8月18日公開)の公開アフレコに登場。中学生時代の恋のエピソードを打ち明けながら、メディアに向けて2つのシーンの公開アフレコを実施してみせた。

本作は、『花とアリス殺人事件』(2015年)などで知られる岩井俊二監督が手がけてきた同名の作品が原作。1993年にTVドラマとして放送され、1995年には実写映画としても公開されてきた。今回のアニメ映画版では、『魔法少女まどか☆マギカ』シリーズなどの新房昭之監督がメガホンを取り、『モテキ』シリーズなどの大根仁氏が脚本を担当。とある海辺の街を舞台に、母親の再婚のために転校することになった美少女・及川なずなと、彼女に思いを寄せる島田典道と安曇祐介、3人の中学1年生による一夏の物語が描かれる。

祐介を演じる宮野のほか公開アフレコに登場したのは、なずな役の広瀬すず、典道役の菅田将暉の3人。1年前に顔を合わせた際のことを宮野は「フレッシュでピュアなオーラを発する2人と一緒にお芝居ができることに、すごく喜びを感じながら演技させていただきました」と振り返った。

本作のストーリーにちなんで、中学時代について問われると「僕は本作みたいな甘酸っぱいことがありましたよ」と思い返し、「告白して好き同士になったんだけど(相手に)喋れなくなりましたね。無視しちゃいました……」と恥ずかしそうに答えた。これに菅田は「好き同士ってワードが良いですね」「可愛い〜」とニヤニヤ。宮野は「もうオジサンだけどね」と苦笑しながらも公開アフレコを前に「そういう時のキュンキュンした気持ちをぶつけて、爪痕残します」と微笑んだ。

「アフレコ中にシャッターを切られるという体験は初めてだったのでそこに緊張しました」と語るも声優の先輩として難なく公開アフレコを終えた宮野。最後には「とってもピュアで純粋な思いを引き金にしたファンタジーな映画なんですけど、そのファンタジーと僕らのお芝居のリアリティの質感が素敵に融合しているんです」とアピールし「ファンタジー感を目で楽しみながら、僕らの素直な気持ちを受け取ってください」と呼びかけイベントは幕を閉じた。

関連記事(外部サイト)