江戸の絵師と猫妖怪の仲良しコンビがお贈りする猫づくしの和ファンタジー『猫絵十兵衛 御伽草紙』がトップに - 「めちゃコミック」少年漫画ランキング

江戸の絵師と猫妖怪の仲良しコンビがお贈りする猫づくしの和ファンタジー『猫絵十兵衛 御伽草紙』がトップに - 「めちゃコミック」少年漫画ランキング

画像提供:マイナビニュース

今どんな漫画が読まれているのか!? 月間850万人が利用する電子書籍配信サービス「めちゃコミック」で配信されている作品から、先週のダウンロード数を集計してランキングを作成。今回は少年コミックランキングをお届けします。今週は、人間の顔が付いた動物に恐怖するパニック・ホラー『ジンメン』や、ネコ好き・江戸好きにはたまらない『猫絵十兵衛 御伽草紙』がランクインした。果たして上位の顔ぶれは!?

○動物が人類に反旗を翻す戦慄のアニマル・パニック・ホラー

10位『ジンメン』(カトウタカヒロ/小学館)

「ホラー作品ですけど、全体的に黒っぽくてホラーが苦手な私も何とか読み進められてます。いろんなところで人の顔が出てくるのでヒヤヒヤしながら読んでます」「怖くてハラハラするけど読んでしまいます」(レビューより)

○全世界累計発行部数2億冊を突破! 言わずと知れた本格探偵アクション!

9位『名探偵コナン』(青山剛昌/小学館)

「名探偵コナンはやっぱり超名作!ですね〜。コナンがかわいいくて、生意気で、工藤真一がカッコよくて、生意気で、超〜推理オタク。これからの黒ずくめとの対決、蘭ちゃんとの愛の行方……楽しみです」(レビューより)

○小さな孤児院に隠された秘密とは!? 『ジャンプ』最注目作がついにランクイン

8位『約束のネバーランド』(出水ぽすか 白井カイウ/集英社)

「本編、よくある人肉を食す化け物vs人間のストーリー。絵は好み分かれるけど、個人的に好き。話のテンポは読みやすいと思いますが……。まだまだ先の読めないストーリー」(レビューより)

○やっと外に出たと思ったら世界は一変! "保菌者"が襲いかかるサバイバルホラー

7位『インフェクション』(及川徹/講談社)

「次々と変わる展開に先が気になること間違いなしだと思う」「推理しながら読んでるんですが展開など含め色々"考えさせられる"内容の漫画でとても面白いです」(レビューより)

○予測不能! 謎が謎を呼ぶダークファンタジー

6位『進撃の巨人』(諫山創/講談社)

「謎が多くて、グイグイ引き込まれます」「登場人物それぞれに個性があって、おもしろいです。いろんな謎が隠されているので、続きが気になって仕方ありません」(レビューより)

○実写映画化も決定、死神高校生のバトルファンタジー

5位『BLEACH』(久保帯人/集英社)

「自分の大切な人を護る。自分の大切な場所を護る。その為には、自分が傷ついても構わない。そんな一護が大好きです」「学生の頃読んでいて、完結したと聞いて読んでいなかった分を読みました!それぞれのキャラに魅力があるし、とてもかっこいいです」(レビューより)

○心に響く名言の数々! 世界中で愛される海洋冒険ロマンの傑作

4位『ONE PIECE』(尾田栄一郎/集英社)

「人物一人一人を丁寧に描いているからこそ、生まれるストーリーの深みは最高です。尾田先生が人物に言わせるセリフ、きっと誰でも、心の琴線に触れる言葉があるはず。私たち読者にとっては、この言葉を探す事が大冒険?」(レビューより)

○新世代編も絶好調、世界を魅了する和風ファンタジー

3位『NARUTO―ナルト―』(岸本斉史/集英社)

「笑える 泣ける 神漫画。読めば、『自分も頑張らないと』と思える漫画です」「笑えて泣けて、うっかり一気に読んでしまいました」(レビューより)

○50億人対5人! 究極のハーレム漫画はストーリー展開にも注目

2位『終末のハーレム』(宵野コタロー LINK/集英社)

「人物、背景など一つ一つの絵がとてもキレイで引き込まれます」「少年誌はあまり読まないのですが、設定がとてもおもしろいと思って読みました。男のロマンなんでしょうか(笑)」(レビューより)

○猫×妖怪×時代劇! 猫好き必見の珠玉の物語集

1位『猫絵十兵衛 御伽草紙』(永尾まる/少年画報社)

「絵も安定していて話も心に染みて、何度読んでも泣かされます。ほっこり。その言葉が合います」「何度も読んでます。もう、猫も好きだし、江戸情緒も好きだし、季節の移り変わりや、あったかくて切なくて癒される話に弱いので……。春は桜に藤、夏はすいかに素麺、瓜や金魚、秋はもみじ、冬は雪と熱燗にコタツで湯豆腐。全部真似したくなりますー」(レビューより)

明日は少女コミック編をお届けします。

関連記事(外部サイト)