『けものフレンズ』とJRAがコラボ! ティザーサイトがオープン

『けものフレンズ』とJRAがコラボ! ティザーサイトがオープン

画像提供:マイナビニュース

日本中央競馬会は、人気コンテンツ『けものフレンズ』とコラボレーションし、競馬エンターテインメントサイト「Umabi」内にて様々なオリジナル企画を展開予定となっており、各種企画の本公開に先立ち、ティザーサイトが公開された。

『ケロロ軍曹』の著者・吉崎観音氏がコンセプトデザインを手掛け、2017年1月よりTVアニメが放送された『けものフレンズ』は、ヒトの姿に変身した動物「アニマルガール」こと"フレンズ"と、迷子で記憶喪失のかばんが、巨大な動物園「ジャパリパーク」を旅する物語。TVアニメの第1話はニコニコ動画での再生回数が748万回を超える大ヒットを記録しており、動物園とのコラボ企画も盛況で話題に。舞台化やゲーム化、新作映像の製作が発表されるなど、様々な広がりを見せている。

本日公開されたティザーサイトでは、「このコラボ すっごーい!」ボタンが設置されており、ボタンを押すと、サーバル役の声優・尾崎由香の「すっごーい!」の声と共に「すっごーい!カウント」が増えていく。しかも、ボタンを押すと画面内のキャラクターが入れ替わり、そのままSNSでシェアできる仕様となっている。今回登場するキャラクターは全部で31種類。どんなキャラクターが登場するかは「このコラボ すっごーい!」ボタンを何度も押して探してみよう。

(C)けものフレンズプロジェクト