『キュウレンジャー』スティンガー秘話がVシネマに、戦隊初の単独スピンオフ

『キュウレンジャー』スティンガー秘話がVシネマに、戦隊初の単独スピンオフ

画像提供:マイナビニュース

現在放送中の「スーパー戦隊」最新作『宇宙戦隊キュウレンジャー』より、戦士の一人・スティンガー/サソリオレンジが主演を務めるVシネマ『宇宙戦隊キュウレンジャー Episode of スティンガー』が、10月25日に発売されることが明らかになった。1人のキャラクターに焦点を当てたVシネマは「スーパー戦隊」シリーズ初となる。

スティンガー/サソリオレンジは、初期メンバーとしては『バトルフィーバーJ』(1979年)のバトルコサック以来38年ぶりとなる「オレンジ」の戦士で、演じる岸洋佑はこれが初のテレビドラマ出演となる。サソリ座系惑星ニードル出身の彼は、体にサソリの尾が生えているのが特徴。劇中ではクールで口数の少ない役どころとなっている。

今回のVシネマでは、TVシリーズを補完する、重要なスピンオフストーリーが描かれるという。監督は坂本浩一氏、脚本を下山健人氏が担当。「仮面ライダー」シリーズでは、すでに一人の戦士に焦点を当てたVシネマが数多く制作されているが、「スーパー戦隊」シリーズもこの流れに続くのか、今後に注目だ。

なお、Vシネマ『宇宙戦隊キュウレンジャー Episode of スティンガー』初回生産限定版には「イッカクジュウキュータマ」が付属する。DVDが5,500円(税別)、Blu-rayが6,500円(税別)となる。現在プレミアムバンダイで予約受付がスタートしている。

(C)2017 東映 AG・東映ビデオ・東映
(C)2017 テレビ朝日・東映 AG・東映

関連記事(外部サイト)