TVアニメ『sin 七つの大罪』、第七話のあらすじ&先行場面カットを紹介

TVアニメ『sin 七つの大罪』、第七話のあらすじ&先行場面カットを紹介

画像提供:マイナビニュース

2017年4月から放送開始となったTVアニメ『sin 七つの大罪』より、第七話「咎なき暴食」のあらすじ&場面カットを紹介しよう。

○TVアニメ『sin 七つの大罪』、第七話のあらすじ&場面カット

■第七話「咎なき暴食」
暴食の魔王ベルゼバブにフードファイトを挑むルシファー。勝負は両者譲らず引き分けとなるが、直後にルシファーは腹痛で病院に担ぎ込まれる羽目に。しかも入院環境に不満を募らせ一向に病状が改善しないルシファーに、女医が坐薬を挿入。ルシファーは例えようのない敗北感を覚える。一方、ベルゼバブもまた大食いにまつわる秘密を抱え、入院していた。カーテンで仕切られた部屋の中、2人は相手の正体に気付かぬまま話し始める。(脚本:鈴木雅詞/吉本欣司、絵コンテ:高本宣弘、演出:高橋順、総作画監督:安田祥子/小関雅、作画監督:山本善哉)

TVアニメ『sin 七つの大罪』は、TOKYO MX、BS11、AT-Xにて放送中。放送時間などの詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)2017ホビージャパン・Niθ/「sin 七つの大罪」パートナーズ

関連記事(外部サイト)