『あの花』岡田麿里原作の注目作『荒ぶる季節の乙女どもよ。』は文芸部の女子たちが"性"に翻弄!? - 「めちゃコミック」少年漫画ランキング

『あの花』岡田麿里原作の注目作『荒ぶる季節の乙女どもよ。』は文芸部の女子たちが"性"に翻弄!? - 「めちゃコミック」少年漫画ランキング

画像提供:マイナビニュース

今どんな漫画が読まれているのか!? 月間850万人が利用する電子書籍配信サービス「めちゃコミック」で配信されている作品から、先週のダウンロード数を集計してランキングを作成。今回は少年コミックランキングをお届けします。今週は、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』脚本の岡田麿里氏が原作を手がけた『荒ぶる季節の乙女どもよ。』が急上昇しました。

○実写映画化も決定、死神高校生のバトルファンタジー

10位『BLEACH』(久保帯人/集英社)

「自分の大切な人を護る。自分の大切な場所を護る。その為には、自分が傷ついても構わない。そんな一護が大好きです」「学生の頃読んでいて、完結したと聞いて読んでいなかった分を読みました!それぞれのキャラに魅力があるし、とてもかっこいいです」(レビューより)

○読者の想像を超えた超展開の王道テニス漫画

9位『テニスの王子様』(許斐剛/集英社)

「イケメンがたくさん。最初はテニスですが途中からテニヌになります。ただストーリーはおもしろいですよー」「アニメ先行でしたが……ついつい、ツッコミながら読んでしまいます。すべてにおいて……ワザにしかり、言葉にしかり。中学生……だよね? テニスで悟り? おまけに時間経過が超長い、次元が凄すぎてドハマリしました。大好きです。これぞ少年スポ根の王道」(レビューより)

○心に響く名言の数々! 世界中で愛される海洋冒険ロマンの傑作

8位『ONE PIECE』(尾田栄一郎/集英社)

「人物一人一人を丁寧に描いているからこそ、生まれるストーリーの深みは最高です。尾田先生が人物に言わせるセリフ、きっと誰でも、心の琴線に触れる言葉があるはず。私たち読者にとっては、この言葉を探す事が大冒険?」(レビューより)

○50億人対5人! 究極のハーレム漫画はストーリー展開にも注目

7位『終末のハーレム』(宵野コタロー LINK/集英社)

「人物、背景など一つ一つの絵がとてもキレイで引き込まれます」「少年誌はあまり読まないのですが、設定がとてもおもしろいと思って読みました。男のロマンなんでしょうか(笑)」(レビューより)

○新世代編も絶好調、世界を魅了する和風ファンタジー

6位『NARUTO―ナルト―』(岸本斉史/集英社)

「笑える 泣ける 神漫画。読めば、『自分も頑張らないと』と思える漫画です」「笑えて泣けて、うっかり一気に読んでしまいました」(レビューより)

○おあがりよ! お色気も見どころの新世代料理マンガ

5位『食戟のソーマ』(佐伯俊 森崎友紀 附田祐斗/集英社)

「絵がとても綺麗でキャラクターもイケメン、美少女がたくさん出てきます。が、何より料理がおいしそう……見てるだけでヨダレ出そうです」「画力が半端なくて、スピード感あふれる描写が抜群に上手く、女の子が可愛いです」(レビューより)

○やっと外に出たと思ったら世界は一変! "保菌者"が襲いかかるサバイバルホラー

4位『インフェクション』(及川徹/講談社)

「次々と変わる展開に先が気になること間違いなしだと思う」「推理しながら読んでるんですが展開など含め色々"考えさせられる"内容の漫画でとても面白いです」(レビューより)

○脇役にもドラマ! 魅力的なキャラたちが躍動する新世代バレーボール漫画の金字塔

3位『ハイキュー!!』(古舘春一/集英社)

「キャラがみんないいやつ!! かっこよくて、たまに泣けて、そして笑い……。もっと早くから出会いたかったマンガです! 主人公の日向くんのバレーが上達していく姿をぜひ読んでほしいです」「人気なのでとりあえずって感じで、正直あまり期待してなかったのですが……、めっっっちゃ面白いです。主人公だけでなくしっかり脇役にもスポットあててたりとか、作者さんの描写がうますぎ」(レビューより)

○文芸部の女子たちが"死ぬ前にしたいこと"とは? 乙女たちが"性"に振り回され始める

2位『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(絵本奈央 岡田麿里/講談社)

「もう、とにかくめちゃくちゃ笑いました!! 単純に面白い!!」「絵がめっちゃ好みで試しに読んでみたら、ストーリーにもハマりました。広告だとエッチがあるようなかんじにも受け取れるから、期待したひとには『ハズレ』かもね。甘酸っぱいかんじのソフトなラブコメ好きにはオススメ」(レビューより)

○予測不能! 謎が謎を呼ぶダークファンタジー

1位『進撃の巨人』(諫山創/講談社)

「謎が多くて、グイグイ引き込まれます」「登場人物それぞれに個性があって、おもしろいです。いろんな謎が隠されているので、続きが気になって仕方ありません」(レビューより)

明日は少女コミック編をお届けします。

関連記事(外部サイト)