超ド級の貧乏ネガティブヒロインが国宝級イケメンと同居『僕の家においで』から目が離せない - 少女コミック配信ランキングを発表

超ド級の貧乏ネガティブヒロインが国宝級イケメンと同居『僕の家においで』から目が離せない - 少女コミック配信ランキングを発表

画像提供:マイナビニュース

今どんな漫画が読まれているのか!? 月間950万人が利用する電子書籍配信サービス「めちゃコミック」で配信されている作品の中から、先週のダウンロード数を集計して上位10作品でランキングを作成。今回は少女コミックランキングをお届け。今週は『L・DK』や『僕の家においで』など同居ラブストーリーが急上昇。王道の少女漫画に注目が集まりました。

○会社ではクールエリート、家に帰れば完璧スーパーダーリンとの生活は?

10位『堕ちない花嫁』(深海魚/小学館)

「嫁シリーズは相変わらず面白い。旦那が回を重ねる毎にのめり込んでるのが良くわかる」「こんな男の人絶対いないと思うけど、漫画として読むなら、きゅんきゅんするし、めちゃくちゃ面白いと思います」(レビューより)

○イケメン兄とのまさかのラブストーリー

9位『兄に愛されすぎて困ってます』(夜神里奈/小学館)

「絵が可愛くてテンポが良くて楽しい」「こんなお兄ちゃん欲しいよー!」(レビューより)

○実写映画も絶好調、いつも見た目で損をするももは真実の愛をつかめるか!?

8位『ピーチガール 新装版』(上田美和/講談社)

「幅広い年代の女性が楽しめるストーリーだと、思います。とてもオススメです」「自分がこんな立場になったらどうやって選ぶのだろう。トキメキとイラつき少々コミックです」(レビューより)

○失恋を励ましてくれた彼と、まさか今日からひとつ屋根の下!?

7位『きっと愛してしまうんだ。』(一井かずみ/小学館)

「読み終わって、すごくいい!って思えた素敵な作品だと思います。久々に、早く続きが読みたいと思う出会いでした」「柔らかいタッチの絵で、ストーリーもゆっくりで、早くくっついて欲しいってじれったくなりますが、内容がとても良くて。読み続けたい作品です」(レビューより)

○誰よりも大切な幼なじみは、"あざとカワイイ"王子様!?

6位『王子様には毒がある。』(柚月純/講談社)

「ドキドキが止まらない〜!!! 早く次がでないかな〜」「リアリティーはない……だけど、こんな設定あれば、嬉しい」(レビューより)

○文化祭の演劇、幼なじみとのキスはフリだけのはずだったのに…

5位『キスまで、あと1秒。』(そうだすい/COMIC維新)

「絵も可愛いし、話も面白いです!1日で読み切ってしまいました!!こんなにワクワク、キュンキュンするマンガは久しぶりです!実写化よりも、アニメーションされたのが見てみたいなぁ」「ここまで好きを突き通せるいづくんにキュン! 六花ちゃんももう好きだと思うんだけどな〜早く両思いにならないかな〜」(レビューより)

○一歩踏み出しさえすれば、誰かのたいせつなひとになる - オトナの女性の心に響く、ラブストーリー

4位『キミのとっておき』(小純月子/小学館)

「『彼女と彼女の生きる道』を読んだら本当のいい男の定義ってなんだろうと思いました。ハイスペック男子でも浮気を繰り返すならゲスでクズなことには同意します。作者買いですが、今回も後悔はしませんでした」(レビューより)

○超クールな紳士がセクハラ大魔神に変身! 対照的な二人に揺れる極上ラブストーリー

3位『はじめてのケダモノ』(悠妃りゅう/小学館)

「最高です。感情移入して号泣してしまいました。吟と幸せになってほしいです」「ダラダラしてるし、テーマ重いし、主人公の気持ちもよく分からんし、よくある少女漫画の感じで、うーん……。って思ってたけど 後半になるにつれて、涙が止まりません」(レビューより)

○隣人がルームメイトに!? ひとつ屋根の下、青春ラブストーリー

2位『L・DK』(渡辺あゆ/講談社)

「全話読んでます。最新巻は今まで出来事を振り返ると泣けました。二人は勿論、柊聖君には絶対に幸せになってほしい」「同居していく中で、色々問題が起こりながらも向き合って絆を深めていく姿に引き込まれます。二人には幸せになってほしいです」(レビューより)

○チョー貧乏ネガティブ純情少女が"国宝級美男子"と同居してみたら!?

1位『僕の家においで』(優木なち/集英社)

「主人公の自己評価が低過ぎる事が最初は気になったが 徐々に変わっていく主人公とハッピーな展開が良かった」「純愛にドキドキさせてもらいました。彼に対してどんな努力も惜しまず、頑張ってる姿がよかったです。戻れるならこんな恋愛がしてみたいものです」「少女漫画のど真ん中って感じでした。大人になってこういうまっすぐな漫画を読むとは思いませんでしたが、こんなに幸せな気持ちになれる漫画は久しぶりでした」(レビューより)

関連記事(外部サイト)