TVアニメ『サクラダリセット』、第10話のあらすじ&先行場面カットを紹介

TVアニメ『サクラダリセット』、第10話のあらすじ&先行場面カットを紹介

画像提供:マイナビニュース

2017年4月から放送開始となったTVアニメ『サクラダリセット』より、第10話「MEMORY in CHILDREN 3/3」のあらすじと先行場面カットを紹介しよう。

○TVアニメ『サクラダリセット』、第10話のあらすじ&場面カット

■第10話「MEMORY in CHILDREN 3/3」
4年前――小学6年生の夏休み、ケイは『咲良田』を訪れた。そこで初めて『能力』を目にしたケイは、咲良田と能力について興味を持ち、調査を開始する。そうするうちに、自分にも能力が開花するケイ。『記憶』という能力を得たケイのもとに『管理局』からのコンタクトがある。そこで『索引さん』と名告る女性と出会うのだった。
(脚本:高山カツヒコ、コンテ:吉田泰三、演出:朝木幸彦、作画監督:横山謙次/CHA MYOUNG JUN/SHIN HYUNG WOO、総作画監督:蘇武裕子/下谷智之)

○TVアニメ「サクラダリセット」 #10 MEMORY in CHILDREN 3/3

TVアニメ『サクラダリセット』は、TOKYO MX、関西テレビ、BS11、AT-Xにて放送中。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)河野裕・椎名優 /KADOKAWA/アニメ「サクラダリセット」製作委員会

関連記事(外部サイト)