40年前の感動がよみがえる! 「DX超合金魂 超電磁ロボ コン・バトラーV」に往年のファンも大興奮

40年前の感動がよみがえる! 「DX超合金魂 超電磁ロボ コン・バトラーV」に往年のファンも大興奮

画像提供:マイナビニュース

●社会現象を巻き起こしたポピニカと超合金
2017年6月1〜4日に東京ビッグサイトで開催された、国内最大規模の玩具商品展示会「東京おもちゃショー2017」にて、「DX(デラックス)超合金魂 超電磁ロボ コン・バトラーV」の全容が明らかとなった。

1974年に第1弾「(ダイカスト)マジンガーZ」が発売されて以来、長年にわたって高い人気を誇るバンダイ(当時ポピー)の人気ブランド「超合金」を、最新技術でリニューアルしたハイエンド商品として1997年に発売を開始したのが「超合金魂」(第1弾は同じくマジンガーZ)であるが、「超合金魂」シリーズが誕生して20年というこの節目の年・2017年に、変形・合体ロボットのエポックメイキングたる『超電磁ロボ コン・バトラーV』が、マジンガーZ、グレートマジンガーに続く「DX超合金魂」第3弾としてよみがえった。

1971年にバンダイのキャラクター商品専業メーカーとして発足したポピー(現在はバンダイに統合)は、『仮面ライダー』の「光る! 回る! 変身ベルト」や『マジンガーZ』の「ジャンボマシンダー」といったヒットを飛ばした後、さらなる企画として、亜鉛合金でできたボディと精密なるディテールを売りにしたキャラクター・ミニカー「ポピニカ」を発表。仮面ライダーのサイクロン号やイナズマンのライジンゴー、マジンガーZのホバーパイルダーといったヒット商品を生み出している。

やがてポピニカのロボット版として、同じく亜鉛合金をパーツに用いた重量感のあるキャラクター商品「超合金マジンガーZ」が登場。「超合金」とはマジンガーZを構成する金属の名称であり、この力強い響きと存在感によってたちまち全国的な大ヒットを飛ばしている。その後も『ゲッターロボ』『グレートマジンガー』『がんばれ!! ロボコン』など「超合金」シリーズはテレビ作品と連動して次々にアイテムを増やし、ダイキャスト(合金)の実在感と精密ディテールの魅力、そしてバラエティに富んだ商品をコレクションする楽しさが子どもたちの心をとらえ、社会現象といえる大当たりを飛ばした。

当初は、ダイキャストによる重量感やロケットパンチ(腕がスプリングによって射出される。マジンガーZの必殺技なのだが、ほかのロボットやヒーローにも備えられ、シリーズの目玉ギミックとなった)などでアピールしていた「超合金」だが、1975年には「DX(デラックス)超合金」と銘打って、『勇者ライディーン』がロボット形態からゴッドバード(鳥)形態へと完全変形する機能を備え、これもまた好評をもって迎え入れられた。

●憧れのコンバインボックス

いささか前置きが長くなってしまったが、いよいよ『超電磁ロボ コン・バトラーV』の登場である。1976年に放送開始した東映製作のアニメ作品である本作は、それまでのロボットアニメでは見られなかった革新的なアイデアが採用された。それは、「アニメで行われているメカの変形・合体が玩具商品で忠実に再現できる」というものだった。

複数のメカが変形・合体する巨大ロボットの先がけといえば、永井豪氏と石川賢氏が原作を務めた伝説の名作『ゲッターロボ』『ゲッターロボG』があるが、発売されたイーグル号、ジャガー号、ベアー号のポピニカを組み合わせても、当然ながらゲッター1の姿にはならない(ただし、イーグル号の先端を変形させることで、ゲッター1の頭部に近いイメージを持たせるギミックが存在した)。アニメーションの基本的魅力である「メタモルフォーゼ(変化)」の面白さとダイナミックさを狙ったゲッターロボの合体とはまた違ったコンセプトで、合体ロボットの醍醐味を味わわせてくれたのが、我らが『コン・バトラーV』なのであった。

コン・バトラーVは、5つのバトルマシン(バトルジェット、バトルクラッシャー、バトルタンク、バトルマリン、バトルクラフト)が合体(コンバイン)し、巨大なロボットの姿になったもの。バトルマシンはそれぞれ単体メカニックとして確立したデザインであると同時に、ロボットの各パーツを構成している。

バトルマシンの商品は「ポピニカ」として1台ずつ売り出され、単品でも十分に楽しめる仕様になっているのだが、5台そろえるとテレビと同じようにコン・バトラーVが完成する。もともと「ポピニカ」として満足できる大きさで売られているので、コン・バトラーVになると全高約30cmという巨大さとなり、各パーツにダイキャストを使っているため子どもの力では長い間持っていられないほどの重量になった。

しかし、それだけに5台を集めて合体を実現させた子どもたちの満足度には、ものすごいものがあったという。また、コン・バトラーVの勇姿をいち早く観たいがため、バトルマシン5台一気に購入する豪気なご家庭も少なくなく、玩具店では5台のポピニカを紐でまとめて販売したところもあったと、商品企画・開発を行ったポピー(当時)の村上克司氏が回想している。この流れを受け、バトルマシン5台と付属パーツをひと箱にまとめた高額商品「コンバインBOX」も発売され、後続商品(合体・変形を行うDX超合金)の販売スタイルの先がけとなった。

コン・バトラーVのヒットは、翌年に同一の合体コンセプトを備えた(合体ギミックにさらなる技術的発展を遂げた、合体ロボの完成形というべき存在の)『超電磁マシーン ボルテスV(ファイブ)』(1977年)のほか、後続するさまざまな合体・変形ロボを生み出した。未来感覚にあふれたデザイン、緻密なディテールに加え、システマチックな変形や合体のメカニズムはメインターゲットである子どもたちだけでなく、大人のコレクターの心をも動かした上に、海外からの熱烈なファンも多い。80年代の「超合金」シリーズのパッケージには「世界の超合金」というコピーが堂々と付けられているほどだ。

●「ポピニカ」時代の存在感! 「DX超合金魂」版コン・バトラーV

バンダイが、かつて超合金ロボに熱狂していた大人のファン層に向けてリリースを行った「超合金魂」では、合体・変形玩具としてのギミックを忠実に再現した上で、アニメ作品のイメージをも損なわぬよう、緻密な開発が行われた。我らの『コン・バトラーV』も1999年に「超合金魂(GX−03)コン・バトラーV」が発表され、その優れたプロポーションとバトルマシン5台合体の完全再現により、かつてのポピニカ・バトルマシンに憧れた大人のファンたちを感動させた。9年後の2008年には、完全新規造形でさらなるクオリティアップを目指したGX−50が発売されている。

今回の「DX超合金魂」で驚かされるのは、まずその大きさである。「超合金魂」GXシリーズで完成を見た、合体ギミックとアニメプロポーションの両立はもちろんのこと。各バトルマシンはかつてのポピニカを彷彿とさせる確かな存在感を有している。そして、各マシンに搭載された音声ギミックにより、マシン同士が引きつけられる際の「超電磁音」と合体時のSEがアニメ作品とまったく同じように聞こえてくるというのだ。

極め付きは、合体完了したコン・バトラーVを専用台座に設置すると、目が発光し、葵豹馬を演じた声優・三ツ矢雄二の声で「コン・バトラーV!」のかけ声が鳴るギミックだ。その全高、約35.5cm。実物を目にしたとたん、思わず「身長57m、体重550トン〜♪」というエンディングのフレーズが浮かんでくるかもしれない。

さらには、バトルチームの基地・南原コネクションからバトルマシンが発進する際の曲「レッツ・コンバイン!」、合体時のテーマ「コン・バトラー大決戦」、主題歌「コン・バトラーVのテーマ」といった3つのBGMや、バトルチームの心がひとつになりコンバインOKかどうかを判断するロペット(CV.野沢雅子)の声なども収録され、目と耳両方で『コン・バトラーV』の世界を楽しむことができる。

気になる価格は、主題歌1番のフレーズ「V・V・V・ビクトリー!」にちなんで、正義の値段「55,500円(税別)」となった。発売日は今年の12月が予定されている。ふたたびよみがえる合体・変形ロボットの勇姿を確かめるため、貴方も店頭へ「ゴー、ゴー、ゴー、突撃〜!」してはいかがだろうか。

(C)東映

秋田英夫
主に特撮ヒーロー作品や怪獣映画を扱う雑誌などで執筆。これまで『宇宙刑事大全』『宇宙刑事年代記』『メタルヒーロー最強戦士列伝』『ウルトラマン画報』『大人のウルトラマンシリーズ大図鑑』『ゴジラの常識』『仮面ライダー昭和最強伝説』『日本特撮技術大全』『東映スーパー戦隊大全』『ゴーグルV・ダイナマン・バイオマン大全』『鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー大百科』をはじめとする書籍・ムック・雑誌などに、関係者インタビューおよび作品研究記事を多数掲載
(秋田英夫)