実写映画公開を前に『銀魂』原作コミックに注目集まる - 「めちゃコミック」5月少年漫画ランキングを発表

実写映画公開を前に『銀魂』原作コミックに注目集まる - 「めちゃコミック」5月少年漫画ランキングを発表

画像提供:マイナビニュース

今どんな漫画が読まれているのか!? 月間950万人が利用する電子書籍配信サービス「めちゃコミック」で配信されている作品から、5月のダウンロード数を集計してランキングを作成。今回は少年コミックランキングをお届けします。今月は、いよいよ実写映画の公開を7月14日に控えた『銀魂』が急上昇しました。

○脇役にもドラマ! 魅力的なキャラたちが躍動する新世代バレーボール漫画の金字塔

10位『ハイキュー!!』(古舘春一/集英社)

「キャラがみんないいやつ!! かっこよくて、たまに泣けて、そして笑い……。もっと早くから出会いたかったマンガです! 主人公の日向くんのバレーが上達していく姿をぜひ読んでほしいです」「人気なのでとりあえずって感じで、正直あまり期待してなかったのですが……、めっっっちゃ面白いです。主人公だけでなくしっかり脇役にもスポットあててたりとか、作者さんの描写がうますぎ」(レビューより)

○実写映画も話題! ギャグ&シリアスのカオスSF時代劇

9位『銀魂』(空知英秋/集英社)

「ギャグもバカバカしいと思いつつ、笑ってしまうし、ふざけた内容ばかりではなく、シリアスな内容もあるのがいいです。下ネタもまあ、許せる範囲かな?」「超ギャグ漫画です。すっごいしょうもない。なんかどこからつっこんでいいかっていう面白さです」(レビューより)

○強烈キャラだらけの生徒会長選で帝一は頂点を目指す

8位『帝一の國』(古屋兎丸/集英社)

「この世界観、久々のハマり本ですね。この絵もいい。かなりのフェチズムも感じます。この作者さんの思考回路が気になります」「帝一の葛藤や詰めが甘いところが魅力的です。社会の縮図としての高校生活がよく描かれています。ちょこちょこ史実を交えているから、考えさせられるところもあって読みごたえが抜群でした。光明が有能でかわいいです」(レビューより)

○全世界累計発行部数2億冊を突破! 言わずと知れた本格探偵アクション!

7位『名探偵コナン』(青山剛昌/小学館)

「名探偵コナンはやっぱり超名作!ですね〜。コナンがかわいいくて、生意気で、工藤真一がカッコよくて、生意気で、超〜推理オタク。これからの黒ずくめとの対決、蘭ちゃんとの愛の行方……楽しみです」(レビューより)

○やっと外に出たと思ったら世界は一変! "保菌者"が襲いかかるサバイバルホラー

6位『インフェクション』(及川徹/講談社)

「次々と変わる展開に先が気になること間違いなしだと思う」「推理しながら読んでるんですが展開など含め色々"考えさせられる"内容の漫画でとても面白いです」(レビューより)

○新世代編も絶好調、世界を魅了する和風ファンタジー

5位『NARUTO―ナルト―』(岸本斉史/集英社)

「笑える 泣ける 神漫画。読めば、『自分も頑張らないと』と思える漫画です」「笑えて泣けて、うっかり一気に読んでしまいました」(レビューより)

○50億人対5人! 究極のハーレム漫画はストーリー展開にも注目

4位『終末のハーレム』(宵野コタロー LINK/集英社)

「人物、背景など一つ一つの絵がとてもキレイで引き込まれます」「少年誌はあまり読まないのですが、設定がとてもおもしろいと思って読みました。男のロマンなんでしょうか(笑)」(レビューより)

○実写映画化も決定、死神高校生のバトルファンタジー

3位『BLEACH』(久保帯人/集英社)

「自分の大切な人を護る。自分の大切な場所を護る。その為には、自分が傷ついても構わない。そんな一護が大好きです」「学生の頃読んでいて、完結したと聞いて読んでいなかった分を読みました!それぞれのキャラに魅力があるし、とてもかっこいいです」(レビューより)

○心に響く名言の数々! 世界中で愛される海洋冒険ロマンの傑作

2位『ONE PIECE』(尾田栄一郎/集英社)

「人物一人一人を丁寧に描いているからこそ、生まれるストーリーの深みは最高です。尾田先生が人物に言わせるセリフ、きっと誰でも、心の琴線に触れる言葉があるはず。私たち読者にとっては、この言葉を探す事が大冒険?」(レビューより)

○予測不能! 謎が謎を呼ぶダークファンタジー

1位『進撃の巨人』(諫山創/講談社)

「謎が多くて、グイグイ引き込まれます」「登場人物それぞれに個性があって、おもしろいです。いろんな謎が隠されているので、続きが気になって仕方ありません」(レビューより)

関連記事(外部サイト)