TVアニメ『カブキブ!』、第10話のあらすじ&先行場面カット紹介

TVアニメ『カブキブ!』、第10話のあらすじ&先行場面カット紹介

画像提供:マイナビニュース

2017年4月からTBSほかにて放送開始となったTVアニメ『カブキブ!』より、第10話のあらすじと先行場面カットを紹介しよう。

○TVアニメ『カブキブ!』、第10話のあらすじ&場面カット

■十幕目「家は末代 人は一世」
蛯原の祖父・静寂(しじま)に呼び出され、蛯原邸を訪れた黒悟と阿久津。カブキ同好会に指導員を紹介するかわりに、蛯原の家を訪ねるようにと正造に託されてしまったのだ。二人の来訪に、表面上はいつも通りを装いながらも複雑な思いを抱く蛯原。ところが、静寂が、阿久津と蛯原の二人で「三人吉三(さんにんきちさ)」を演じてみるようにと突然言い出して……!?
(脚本:大場小ゆり、絵コンテ・演出:ボブ白幡、総作画監督:河南正昭、作画監督:KIM MYUNG SIM(金明心)/KIM JEONG WOO(金正祐)/服部憲知/柳野龍男)

TVアニメ『カブキブ!』は、TBS、MBSほかにて放送中。放送時間などの詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)榎田ユウリ/KADOKAWA/カブキブ推進委員会
Original Character Design (C)CLAMP・ST

関連記事(外部サイト)