TVアニメ『ひなこのーと』、第10話のあらすじ&先行場面カットを紹介

TVアニメ『ひなこのーと』、第10話のあらすじ&先行場面カットを紹介

画像提供:マイナビニュース

2017年4月から、AT-X、TOKYO MXほかにて放送開始となったTVアニメ『ひなこのーと』より、第10話「ぱぱぱれーど」のあらすじと先行場面カットを紹介しよう。

○TVアニメ『ひなこのーと』、第10話のあらすじ&場面カット

■第10話「ぱぱぱれーど」
劇団ひととせの初公演となる演劇の脚本を書き上げたくいなは、ひな子を始め団員たちに配っていく。脚本を読み終えた千秋の反応も良く、お話の内容が決定したことに喜ぶ一同。中でもこれでやっと衣装合わせができると一際嬉しそうな真雪は、さっそくと言わんばかりにひな子たちに似合いそうな衣装を調達してくる。しかし衣装パレードとも言われる衣装合わせは、本来ある程度稽古が進んでから行うもの。このタイミングでは少し早過ぎるのではと言う千秋やゆあだったが、真雪はどうしてもやると言って聞かず……。
(脚本:浦畑達彦、絵コンテ:高橋成世、演出:龍輪直征、作画監督:橋本英樹/宮地聡子/清水勝祐/鶴田愛/窪敏)

○TVアニメ『ひなこのーと』第10話「ぱぱぱれーど」

TVアニメ『ひなこのーと』は、AT-X、TOKYO MX、テレビ愛知、サンテレビ、KBS京都、TVQ九州放送、BS11にて放送中。イベントなどの各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)三月・KADOKAWA刊/ひなこのーと製作委員会

関連記事(外部サイト)