TVアニメ『血界戦線 & BEYOND』、阪口大助&内田雄馬のメッセージを紹介

TVアニメ『血界戦線 & BEYOND』、阪口大助&内田雄馬のメッセージを紹介

画像提供:マイナビニュース

2017年10月より放送開始予定のTVアニメ『血界戦線 & BEYOND』。その放送に向けて、レオナルド・ウォッチ役の阪口大助と、ソニック役の内田雄馬が語った、ネクスト・シリーズへの意気込みや、自身の演じるキャラクターの魅力など、作品についてのメッセージを紹介しよう。

○TVアニメ『血界戦線 & BEYOND』、阪口大助&内田雄馬のメッセージ

――TVアニメ ネクスト・シリーズ制作についての感想や意気込みをお聞かせください

阪口大助 基本的に、今まで演じてきた作品はどれも大好きなんですが、そのなかでも『血界戦線』は代表作と言ってもいいくらいの作品なのかな、という気がしています。個人的にネクスト・シリーズに期待するのは、スティーブンさんのエピソード。スティーブンがメインを張るエピソードはだいたい、少し切ないところがある。あとはK・Kさんの授業参観の話だったり、観てみたいエピソードはたくさんありますね。

内田雄馬 『血界戦線』はすべてにおいて規模が大きいというか、超特大エンタテインメント作品だなと思います。ネクスト・シリーズはやっぱり、これまで以上にソニックにスポットライトが当たるエピソードが観てみたいです!

――ご自身の演じるキャラクターの魅力、チャームポイントをお聞かせください

阪口大助 レオの魅力は「普通」なところでしょうね。あれだけ異常な人たちに囲まれてるなかで、「普通」を貫き通せる強さがある。クラウスに誘われたのも、きっとそういう心の強さだったのかなと思います。

内田雄馬 ソニックの魅力は目が大きいところ(笑)。あとはやっぱり愛嬌じゃないですかね。誰とでもすぐにくっつきそうなところがあって、結構、人たらしのところがある。しかもソニック自身、自分のそういうところをわかってやってるんですよね。

――『血界戦線 & BEYOND』をご覧頂く皆さまへメッセージをお願いいたします

阪口大助 前シリーズは、スタッフのみなさんがとてつもない熱量を込めて作り上げた作品で、僕らもそれに負けないくらいの熱量で駆け抜けたつもりです。きっとこのネクスト・シリーズも、同じように素晴らしい作品になると思いますので、前回に負けない熱量と強さでぶつかっていきたいと思います。ぜひ楽しみにお待ちください!

内田雄馬 『血界戦線 & BEYOND』の制作が決まったのは、みなさんからの応援があったからこそだと思います。ライブラのメンバーに負けず劣らず、ソニックも楽しく遊びまくることになると思いますので、引き続き応援よろしくお願いします!

待望のネクスト・シリーズ『血界戦線 & BEYOND』は、2017年10月より、MBS、TOKYO MX、BS11にて放送開始予定。TVアニメ前シリーズ全12話を収録した『血界戦線』Blu-ray BOXが6月21日(水)に発売されるので、こちらもチェックしておきたい。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)2015 内藤泰弘/集英社・血界戦線製作委員会
(C)2017 内藤泰弘/集英社・血界戦線 & BEYOND製作委員会

関連記事(外部サイト)