「フレームアームズ」宇宙戦闘機・ワイバーンが再生産、翼竜形態へ変形可能

「フレームアームズ」宇宙戦闘機・ワイバーンが再生産、翼竜形態へ変形可能

画像提供:マイナビニュース

ホビーメーカー・コトブキヤが展開するオリジナルプラモデルシリーズ「フレームアームズ」より、「RF-Ex10/S ワイバーン」が、2017年8月に発売されることが決定した。現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中で、価格は5,184円(税込)。

「RF-Ex10/S ワイバーン」は、「XFA-CnV バルチャー」の機体カラーを変更し、新規造形の装甲と武装を実装した宇宙戦闘用機体。「ワイバーン」と同じく、倉持キョーリュー氏が追加ユニットをデザインしており、脚部に組み込まれた推進機構(セイルスラスター)によって高い機動力を獲得している。

また、フレームの可動により翼竜型巡航形態へ変形。専用装備となる2つの銃剣型武器・フラガラックは、ライフルモードとグレイブ(槍)モードの両形態への変形に対応しており、3mm径ジョイントで本体に取り付けることもできる。素体には「フレームアーキテクト リニューアルVer.」を使用。武器をしっかりと保持できる専用ハンドパーツも付属する。

商品価格は5,184円で、現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中。商品の発売および発送は、2017年8月を予定している。

(C)KOTOBUKIYA

関連記事(外部サイト)