TVアニメ『ひなこのーと』、第11話のあらすじ&先行場面カットを紹介

TVアニメ『ひなこのーと』、第11話のあらすじ&先行場面カットを紹介

画像提供:マイナビニュース

2017年4月から、AT-X、TOKYO MXほかにて放送開始となったTVアニメ『ひなこのーと』より、第11話「ゆくとしくるとし」のあらすじと先行場面カットを紹介しよう。

○TVアニメ『ひなこのーと』、第11話のあらすじ&場面カット

■第11話「ゆくとしくるとし」
もうすぐクリスマスを迎えようとしている冬のある日。喫茶店の集客も兼ねて、何かイベントみたいなものができないかなと言う真雪に、千秋がクリスマスイブにまたお芝居をしてみてはどうかと提案する。ひな子のお母さんも観にやってきたスタンプラリーのときに行ったお芝居に続き、2回目となる劇団ひととせの公演に盛り上がる一同。色々なアイディアが出されたお芝居の内容もせっかくのイブの日にやるのだからと、クリスマスにちなんだものに決まり、公演に向けての準備が始まる。
(脚本:加茂靖子、絵コンテ:小島正幸、演出:長山延好、作画監督:城紀史/鷲田敏弥/及川春香/熊谷香代子)

○TVアニメ『ひなこのーと』第11話「ゆくとしくるとし」

TVアニメ『ひなこのーと』は、AT-X、TOKYO MX、テレビ愛知、サンテレビ、KBS京都、TVQ九州放送、BS11にて放送中。イベントなどの各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)三月・KADOKAWA刊/ひなこのーと製作委員会

関連記事(外部サイト)