『スター・ウォーズ/新たなる希望』ミレニアム・ファルコン撮影用モデルがバンダイ最高峰プラモで完全再現、取材重ねレプリカキット決定版に

『スター・ウォーズ/新たなる希望』ミレニアム・ファルコン撮影用モデルがバンダイ最高峰プラモで完全再現、取材重ねレプリカキット決定版に

画像提供:マイナビニュース

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に登場した宇宙船ミレニアム・ファルコンの「1.7mサイズの撮影用モデル」を、プラモデルとして完全再現した「PERFECT GRADE 1/72 ミレニアム・ファルコン」が今夏発売されることが決定した。プレミアムバンダイで6月20日13時から予約受付がスタートする。価格は43,200円(税込)。

「PERFECT GRADE 1/72 ミレニアム・ファルコン」は、「スター・ウォーズ」のプラモデルを数多くリリースしてきたバンダイホビー事業部が、2度の現地取材、撮影用モデル研究家の鷲見氏・高橋氏の全面協力のもと、「1.7mサイズの撮影用モデル」ミレニアム・
ファルコンの情報量を、全長482mmの大型サイズに落とし込んだ、まさに"レプリカキット"の決定版となっている。

最終的には見えなくなる内部ディテールまで作りこまれており、シートやコンソール部分のパネル、壁面の計器にいたるまで形状が再現されている。レーザー砲も、砲手のシートやトリガーも内部に作りこまれている。また、機首の穴の壁面にも種々の構造物がリアリティあふれる造形で再現されている。

機首サイドのディテール密集部も、パーツを分割することでより立体的な表現を追求。機首の中央ディテールは、今回の取材により研究が進み、より正確が形状を把握するに至った。機体後部のダクトは、網部分をエッチングパーツとプラスチックパーツの選択式となっている。ランディングギア・昇降口も詳細に再現した。

また、ミレニアム・ファルコンに搭載されている亜光速エンジンは、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』公開当時のフィルムの発光色である"白"に合わせ、白色LEDで再現。青く光るイメージも強い亜光速エンジンだが、あえて第1作をリスペクトした仕様となっている。

関連記事(外部サイト)