『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』1/400スケールの初号機プラモデルが再生産

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』1/400スケールの初号機プラモデルが再生産

画像提供:マイナビニュース

アニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』に登場する「汎用ヒト型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン初号機」のプラモデルが再生産され、2017年7月に発売されることが決定した。現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中で、価格は5,832円(税込)。

1/400スケールとなるこのプラモデルは、劇中同様に顎が一段下がってから開閉するギミックを搭載。また、背面ブロックの可動と連動してエントリープラグが引き出される。肩部ナイフ格納部は差し替えパーツによって展開。上に向く際には喉部も連動する。

加えて握り拳(左右)、平手(左右)、銃持ち手(左右)、ナイフ持ち手(左右)、指が反った形状平手(左右)、鷲掴み形状平手(左右)と多数の手首パーツが付属。さらに別売りとなる「M.S.G メカニカルベース[フライング3]」にも対応しており、劇中のアクションポーズを楽しむことができる。

商品価格は5,832円(税込)で、現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中。商品の発売および発送は、2017年7月を予定している。

(C)カラー

関連記事(外部サイト)