「フレームアームズ」レイファルクスのカラー変更、新武器搭載した機体登場

「フレームアームズ」レイファルクスのカラー変更、新武器搭載した機体登場

画像提供:マイナビニュース

ホビーメーカー・コトブキヤが展開するオリジナルプラモデルシリーズ「フレームアームズ」より、「LX-R01J ヤクトファルクス」が、2017年11月に発売されることが決定した。現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中で、価格は6,048円(税込)。

「LX-R01J ヤクトファルクス」は、「フレームアームズ」の世界観において「LX-00 レイファルクス」のレプリカ機を戦闘型に改修した機体。オリジナルが装備するベリルアーマーは再現されていないが、高水準のTCシールド搭載機である点は変わりなく、新たに専用開発された武装によって有数の重攻撃型機体に仕上がっている。

実際のプラモデルでの「LX-R01J ヤクトファルクス」も「LX-00 レイファルクス」の機体カラーを変更し、新規造形のウェポンパーツを実装した機体として登場。元機体と同じくToMo氏がウェポンユニットをデザインしている。

専用武装として大型ライフル・BS-R/L40(2つ)、一四式戦術駆逐刀(2つ)が新規造形で付属。BS-R/L40は各部が変形し推進ユニット・セイルスラスターとして使用できる。一方の一四式戦術駆逐刀は、先端部の組み替えで2種類の刃形状を選択可能。グリップ部を連結することで双刃刀として使用することもできる。

さらにBS-R/L40と一四式戦術駆逐刀×2を組み合わせることでシザー・ランチャーモードに。これらの武器のクリアーパーツは設定カラーで成型されたものに加え、無色透明で成型されたパーツも同梱され、塗装することで好みのカラーリングにカスタマイズできる。ハンドパーツは各武器をしっかりと保持できる専用のものに加え、握り角度の浅い武器持ち手が付属。素体には「フレームアーキテクト リニューアルVer.」が使用されている。

商品価格は6,048円で、現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中。商品の発売および発送は、2017年11月を予定している。なお、コトブキヤショップ(立川本店、秋葉原館、大阪日本橋、エキナカ秋葉原)購入特典として「武装基部一式」がプレゼントされる(なくなり次第終了)。

(C)KOTOBUKIYA

関連記事(外部サイト)