TVアニメ『武装少女マキャヴェリズム』、第12節のあらすじ&場面カットを紹介

TVアニメ『武装少女マキャヴェリズム』、第12節のあらすじ&場面カットを紹介

画像提供:マイナビニュース

2017年4月から放送開始となったTVアニメ『武装少女マキャヴェリズム』。その第12節『少女達の「マキャヴェリズム」』のあらすじと場面カットを紹介しよう。

○TVアニメ『武装少女マキャヴェリズム』、第12節のあらすじ&場面カット

■第12節 少女達の「マキャヴェリズム」
転校以来、納村が輪たちと過ごした、賑やかで楽しい学園での日々。それは斬々にとっては、まるでその身を炎で灼かれるかのような、地獄の苦しみに心を苛まれた日々だった。戦いの最中、お互いの胸にさまざまな思いが去来する。しかし、いくら拳を交えたところで、ふたりの願いは決して重なりはしない。互いを理解すればするほど、心の距離は遠ざかる。そして、ついに訪れる決着のとき。降りしきる激しい雨の中、納村と斬々が最後に辿り着いたのは……。
(脚本:下山健人、絵コンテ:橘 秀樹、演出:橘 秀樹)

TVアニメ『武装少女マキャヴェリズム』は、AT-X、TOKYO MX、KBS京都、テレビ愛知、サンテレビ、TVQ九州放送、BS11にて放送中。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)2017 黒神遊夜・神崎かるな/KADOKAWA/「武装少女マキャヴェリズム」製作委員会

関連記事(外部サイト)